PICTURE DIARY 2010MO2014

PD20141020s
11月末、三渓園で予定されているSUZUMO CHOCHINが参加する展示販売会の打合せ。ギャラリーつついさん、鈴木茂兵衛商店の皆さんと。合間、明後日WA SPACEで展示中のSUZUMO CHOCHINを取材に来る「ぶらり途中下車の旅」制作スタッフのお二人と打合せ。旅人が誰なのかは秘密とのこと。テレビをほとんど見ないので、知らない人がぶらりと来ることになるかも知れない。LAD MUSICIANの20周年記念コレクション。恵比寿ガーデンホール。今時レーザーを演出に使うファッションショーはない。SONIC BOOMの音、DOMUNEのVJと絡んで比類なく楽しめた。連綿と続くLADの黒田節「SPACEMEN」の軌道と行方が興味深い。爆音のひととき。

PICTURE DIARY 1910SU2014

PD20141019s
夕方になって買い物などに出かけるが、午後の大半は自分の内側への大切な旅。そんな時のぼくはどうやら怖い顔をしているらしく、呆れられたり笑われたりする。不本意。

PICTURE DIARY 1810SA2014

PD20141018s
ゆっくり眠ってゆっくり起きる。土曜日は心身の休養のために使う。いつも考えること。気に病むような物事の多い毎日の生活のなかで、絵を描く仕事の基本は見ることだ。見て感じたことを自分なりに、自分にも人々にも見えるものとして表す。もちろん、見たものの他にも聞く、触る、味わう、嗅ぐなどの感覚が加わる。意志や無意識と共に作品に反映することになる。自分を自分の感覚で素直に純粋な、あるいは中立な、どこにも偏らない状態を保ちたい。雑なものが同居しても構わないが、許容出来るものであれば。毎日の歩みの中で、色々な不要物を綺麗に洗い流すのは難しい。まとめてとなると更に難しい。午後のうっとりとした静けさの陽射しの陰で、細やかな自然の息吹きが生まれ、微細な、散り散りの創造力を育て、変性し、結び付ける。

PICTURE DIARY 1710FR2014

PD20141017s
午後、渋谷でミーティング。東急本店から東急ハンズ、パルコ前の公園通りを横切り、タワーレコードの交差点をファイアストリートの方へ歩く。時間帯にしては人通りは少なく、皆ゆっくり歩いている。かつてパルコ周辺の賑わいは眩しいものがあったものだが、近年の落ち着きは次のジェネレーションへの胎動なのだろうかと怪しむ。そんな栄華に彩られた場所が放つ匂いを探し、信号を待つ。誰かが何かを考えて仕掛ける。また誰かが呼応して返す。そこには必ず自然発生にせよ、作為にせよクリエイティブな空気がなければ、あるいは生まれなければいられない。ただ人が集まり、無個性がたむろして流れて行くだけでは物足りない。街は生きている。人が生かす。

PICTURE DIARY 1610TH2014

PD20141016s
dip in the poolの甲田さんと木村氏に会う。久し振りだが相変わらず麗しいお二人。音楽の話など。人は宝と言うけれど、本当にその通り。何かしようと思う時、そうでない時、力になってくれる人がいる。長い付き合い、それも宝。

PICTURE DIARY 1510WE2014

PD20141015s
久し振りに中国古式の体操をしてみた。体のあちらこちらをくまなく動かすが、ツボへの刺激と連動していて、体がすぐに暖まり心地好い。だが、普段あまり動かさないところ、動かさない動かし方に体の隅々が小さな悲鳴を上げる。たっぷり30分かけて、大分ほぐれた。馴れれば15分余りで出来るようになる。毎日することにする。体を柔らかく。

PICTURE DIARY 1410TU2014

PD20141014s
今更ながらに、何でも自分がいいと思うように事が運ばないと厭だという、子供じみた考えに支配されて困る。そんな頑固な性格を知っていて、なおのことどうにもならないでいる。頑固ではなく「頑柔」ぐらいでひとつ。

PICTURE DIARY 1310MO2014

PD20141013s
ミラーポーチ用の生地を探しに街へ出る。輸入の生地で素敵なものを見付けて嬉しくなる。昼食は、騒がしい街を離れ、ホテルの中華料理屋で飲茶と野菜つゆそばにする。茶の係が入れるジャスミン茶がとてもふくよかで美味しい。つゆそばのスープはさりげなく絶品。ややカジュアルな高級店の佇まいとあいまって、いつ来ても落ち着く。ロビーラウンジでぼんやり行き交う人々を眺めながら少しの間寛ぐ。三連休の最終日、子供連れの家族が多い。大人たちや子供たち、それぞれにのびのびと目に写る。途中、ネコの砂を買って帰る。

NEWS-ライオンランジェリーポーチ

IMG_2929LIONs
10月22日 水曜日より日本橋三越本店にて三越のシンボル、ライオン像の設置から100周年記念の創業祭が始まります。
本館3階のインティメイトサロン/婦人肌着売場では
ミック・イタヤがデザインしたライオン刺繍ランジェリーポーチと
ランジェリー巾着を限定販売いたします。

発売日:10月22日 水曜日 より
場 所:日本橋三越本店 本館3階 インティメイト
価 格:ランジェリーポーチ ¥7,992
    ランジェリー巾着 ¥4,104
お問い合わせ:03-3274-8360
★ポーチ=20点限定、巾着=30点限定

PICTURE DIARY 1210SU2014

PD20141012s
自然の美しさと人間の素晴らしさをどう描く。自然の力と人間の愚かさをどう描く。