PICTURE DIARY 1811FR2016

pd20161118s
TAKEO KIKUCHIの店のカフェでパンを買う。そこで知り合いの女性アーティストに邂逅し、ライブペインティングの話をする。緊張こそがパブリックな喜び。

PICTURE DIARY 1711TH2016

pd20161117s
Red Guitar展覧会の準備作業。一番新しい作品はライブで描く。

PICTURE DIARY 1611WE2016

pd20161116s
マッターホルンでリーフパイを買う。リーフパイ好きにはたまらない美味しさ。木村氏はリーフパイが大好き。甲田さんはクイズ番組が大好き。作業をしているとそんな他愛ない世間話に気持ちが弾む。夜になって昨日の残りの作業をする。

DESIGN NEWS-RED GUITAR BOOK MIC*ITAYA

redguitarh1s

redguitarnaka5s

redguitarnaka1s

redguitarnaka4s

redguitarnaka2s

redguitarnaka3s

MIC*ITAYA
Red Guitar/The Fragments Of Mic*Itaya’s Works/Gontiti
November 2016

Page 68
Limited Edition 300

All Supervision By Mic*Itaya
Book Design Ayako Sakai/Mic*Itaya Inspirational
Cooperation DMO ARTS B Gallery Sweet Boon Music

PICTURE DIARY 1511TU2016

pd20161115s
甲田さんと木村氏が星のアトリエに来てCD「jupiter」のパッケージ作り。ぎこちない流れ作業も慣れると早い。そして慣れた頃に終了する。よもやdipの二人とこんな素敵な作業をしようとは思わなかった。心のこもった、特別な作品が出来た。

PICTURE DIARY 1411MO2016

pd20161114s
先日仕事用の眼鏡のつるを、誤って片方折ってしまったが直しに行く間がない。片方のつるが無くても少し斜めになるが、かけることは出来るので、少し不自由だが天邪鬼を決め込んでいる。ミーティングなどで話す相手が可笑しいと言って笑うので、ある意味幸せな状態だとも言える。

PICTURE DIARY 1311SU2016

pd201611s
jupiterのstar ornamentにサインする。終日Red Guitarの作品集デザイン進める。M嬢のプライベートアートサロン。クリスマスをテーマに双六を作り、その楽しい遊びのイメージを抽象的な絵にする。

PICTURE DIARY 1211SA2016

pd20161112s
日中はブックデザインに費やす。3時過ぎ、銀座のコバヤシ画廊へ西成田洋子展を見に行く。森の中から這いずって来たような、懐かしい記憶の自由な塊は、永い時の流れの果ての一瞬にここに在る、居る、去る。そうして、振り返るとやはり多弁な沈黙が込められて、古の笑顔を見る。

PICTURE DIARY 1111FR2016

pd20161111s
GONTITI第三の男、佐脇さん、星のアトリエに来る。Red Guitar展や本の話など少しするが、ステージ美術や照明家の安森さんの明かりの捉え方の話題など、展覧会のトークイベントの際に是非お伺いしたいことばかり。舞台上では明かりを当てないことには何も見えない。見えないはずのものを見えるようにする明かり。

PICTURE DIARY 1011TH2016

pd20161110s額の発注や作品集のページネーション最終調整。GONTITIとの仕事の欠片を拾った展覧会は、今と未来に向かって歩き出す。とても何かをまとめられるものではないし、まとめる気もない。いつもプロセスだけがあり、止まっているように感じる展覧会も、実は凄い速度で動いている。