PICTURE DIARY 1409WE2016

pd20160914s
朝から1日打ち合わせの日。展覧会、取材、商品開発と続く。実り有れ。

PICTURE DIARY 1309TU2016

pd20160913s
子どもの時から夢想していて、最近再び思うこと。この星の人類以外に宇宙に存在する生命体について。その生命体は、多分我々も日常的によく知っていて、目にしたり感じたり容易く出来るものだろう。我々人類が想像もつかない存在である反面、馴染みの全くないと思えるようなものではないだろう。まだ科学的に証明することは出来ない状態の、シンプルな存在だろうと思う。空の青や海の青、雲、光、音、存在の痕跡や手掛かり、ヒントは数知れなく感じ、愛と平和以外の何者でもなくいつも傍らにいるという気がする。空想。

PICTURE DIARY 1209MO2016

pd20160912s
木片の作品を制作する。アリスが手伝う。ナイスは昼寝してる。

PICTURE DIARY 1109SU2016

pd20160911s
Fad Fair最終日搬出。色々なギャラリーが推薦する才能豊かな出展者に大いに刺激を受ける。会場でもスケッチ、蕎麦屋でもスケッチ。空が高く、鱗雲が見える。空のスケッチ。誰でもない自分がいる。

PICTURE DIARY 0909FR2016

pd20160910s
一日休み、スケッチや読書などに充てる。

PICTURE DIARY 0909FR2016

pd20160909s
昨日の午前中から鼻風邪で怠い。この状態は、夏から秋への季節の変わり目の特徴で、本格的な身体の水分バランスや、システムの変更に伴うもの。夏の間は汗として排出していたものを腎臓経由ではまかなえ切れず鼻水になる。無理に何とかしようとせずに、ゆったり放っておく。今日は重曜、菊の茶をいただく。こんなとき、身体が好むものとそうでないものはすぐに分かる。

PICTURE DIARY 0809TH2016

pd20160908s
車を走らせる。雨や風や嵐よりも速く、止まっているように素早く動く。

PICTURE DIARY 0709WE2016

pd20160907s
Artcomplex Center、展覧会Fad Fairへの搬入。ぎりぎりまで描く。積み荷の一番上に載せて出る。

PICTURE DIARY 0609TU2016

pd20160906s
今日も暑い一日だった。暑い間は無理をしたくない。夜になり、タイル張りの通路にミミズが出て来てくねくね踊るので、葉っぱを千切り上に乗せて、土のあるところへ移動する。ミミズも湿気た夜になり元気のあるところを見せたいのか、ダンスフロアーではありませんよと言い聞かす。

PICTURE DIARY 0509MO2016

pd20160905s
日常の何気ないこと。当たり前に過ぎて、気にも止めない様な些細なこと。その様なことの連続である毎日の時間は、ふと気が付いてどこから切り取っても、とてもいとおしい表情を持つ。小さなことや大きなこと、考えること考えないこと、全てはあまねく宇宙に溶け込んでいる。そのどこであっても時間や空間はつながっている。過去を引き摺り寄せて未来を手繰り寄せて、好きなところで結び、好きなところで放す。他愛もない仕草で。やはり全てはつながっている。