PICTURE DIARY 0710SA2017

pd20171007s
月あかり会。鎌倉長谷別邸にて昼12時から。日中は、長谷寺への参道沿いにあるので、興味を惹かれた人がふらりと入って来る。すずも提灯と絵の展覧、今日一日だけ。芝生と盆栽の庭に置いた提灯のあかりが、日が暮れるにしたがって陽の光と入れ代わり、月あかりの女神のような神々しさを地上で受け止める。デザインしたたくさんの提灯を屋外で見る機会はほとんど初めて。申し込みのあった30名余りの方々と夕食会。人々の提灯との交わり、関わりを見ながら感じながら、今更ながらにすずも提灯の新たな可能性に気付く月夜。

PICTURE DIARY 0610FR2017

pd20171006s
故郷を共にする年下の旧友と昼食。フランスの自然食レストラン。近況や来年一緒にすることの考えなど話す。表参道へ。来週開催のデザインフェアDESIGNART、すずも提灯でお世話になるアクセサリーブランド、AURORA GRANを訪ね、イメージ写真撮影に使用したすずも提灯を受け取る。明日は鎌倉。天気は雨の予報。雨ならば雨の楽しみ。

PICTURE DIARY 0510TH2017

pd20171005s
巨大な月が低い家並みと立木の間に平たく丸く神様の冗談のようにポッカリ浮かんでいる。次に月を探して空を見上げると高層の鱗雲の向こう、古の貴人の詠んだ歌もかくやという風情で高みに輝きながら、地上の遥か彼方を見つめる月がある。仲秋の名月。

PICTURE DIARY 0410WE2017

pd20171004s
展示会を見に有楽町、交通会館へ出掛ける。お昼時だったので地下食堂街は賑やかだ。馴染みの店があったのだが、無くなっていた。近頃では、そんなことがあっても驚きもがっかりもしない自分が居て、そのことに驚く。

PICTURE DIARY 0310TU2017

pd20171003s
母校、茨中茨高PTAの研修旅行に招かれ、ホテルニューオータニの昼食会で話。チャペルで記念撮影後、観光バスに同乗し、東京スカイツリーソラマチの壁画作品見学会に参加引率。人の多いスペースなので駆け足。心配した混乱もなく、作品の解説をする。保護者や先生方から学ぶこと知ることの多い1日。

PICTURE DIARY 0210MO2017

pd20171002s
表参道へ。何年か振りでばったりとロベールに出会う。フランスから昨日来日したばかりという妙齢の女性二人をエスコート。知り合って20年は経つだろうか。原宿で開いた個展会場にフラりとやって来て、近くのカフェのギャルソンだと言った。間を置かず店を訪れると、果たして身のこなしも軽やかに、洗練された仕事振りに見とれた。パリでマネージメントの勉強をして来日、東京で料理店を開きたいと夢を語り、しばらくして浅草に店を開いたと連絡があり行ってみた。フランス人や旅行者で賑わい大繁盛し、新宿に店を移した頃から疎遠になっていたのだが、今は変わらず料理店のオーナーとして張り切っている様子。店の最新情報を待ち、旧交を暖めたい。

NEWS-70 CREATORS’ SEVEN

sevenmainvisualw600

ウルトラセブン放送開始50年特別企画展「70 CREATORS’ SEVEN」

会場:池袋パルコ 本館7F パルコミュージアム
期間:2017年10月19日 木曜日-11月05日 日曜日
時間:10:00-21:00 ※入場は閉場の30分前まで/最終日は18:00閉場
入場料:一般500円/学生400円/小学生以下無料

ウルトラセブン、そしてエレキング、キングジョー、ガッツ星人、メトロン星人、ウインダム、ミクラス・・・『ウルトラセブン』の人気怪獣&宇宙人もアート作品に!
今年で放送50年を迎える、世代を超えて支持され続ける円谷プロダクションの特撮番組「ウルトラセブン」の展覧会が開催されます。70人の人気クリエイターとタッグを組み、自分たちのセブンへの思いを、平面・立体・映像など多様なオマージュ作品で表現。エンタテインメントとアートを融合して過去・現在・未来を貫く本展覧会は、子供も大人も一緒になって憧れのヒーローの世界に浸れるグループ展です。

70seven_mic_w600
イタヤの作品のグッズや展覧会書籍も販売されておりますので、ぜひお越しください。

詳しくは http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=1156&preview=on

PICTURE DIARY 0110SU2017

pd20171001s
太陽からの光線が気持ち良い。時間の進みかたが早くなった。毎日することが増えると相対的に早くなる。

PICTURE DIARY 3009SA2017

pd20170930sMUMIC第9回。セルジュ・ゲンズブール。寸止めの絵。当初の画想では一筆描きの線を入れる予定だったが、さっと色を入れてみるとあまりにも完成形なので筆の進退極まる。2日間放っておいたが、考えて何か理解るものではないし、理解らないのなら線を描き入れるのはやめた。もう1枚、線を入れたものを描いてみたい。

PICTURE DIARY 2909FR2017

pd20170929s
The Wisely Brothersライブ。チャーミングなバンド。そこはかとない品の良さが財産のうちのひとつ。懐かしく新しい。