PICTURE DIARY 0511SU2017

pd20171105s
夕方ULTRA SEVEN搬出。皆さんご活躍さまでした。帰路、狙いを定めた新しい眼鏡フレームを手に入れる。この1ヶ月、あれこれ色々なフレームを試したが、機能的に優れたもの、とても良く似合うものはあっても、気に入ったものは全く無い。ポイントはいくつか。手に取ったとき、着用時の程好い特別な忘れ得ぬ印象、丸みと流線の理想的なマリアージュ、少しのチャーミングと優しい力強さ、日々の酷使に耐えうること、やや大ぶりで威圧感が無いこと、極力余計なデザインでないこと、あくまでもエレガンスを保ち、黒であること、デザイン会社や個人に納得出来るストーリーがあること、そして予算内であること。とは言え惚れたらそれ。

PICTURE DIARY 0411SA2017

pd20171104s
スケッチ三昧。頭の中に有る、形の有るもの無いものを紙の上に出す。紙は神。暴れ回る有象無象をおさめる。

PICTURE DIARY 0311FR2017

pd20171103s
MUMIC第10回のためにジミ・ヘンドリックスの肖像を描く。高校生のときにPURPLE HAZEを聴いた衝撃は大きい。叫びをギターに乗せて燃やした。

PICTURE DIARY 0211TH2017

pd20171102s
枯れた草を集める。目の端に、すばしっこい蜥蜴が映る。夕暮れるのが早い。柿の実を獲る。やって来る鳥たちのために柿の実を残しておく。

NEWS-MUMIC OPUS 011

micdj11pr_72w550

MUMIC/ミューミック第11回

New Rock Smell Bar
154-0011東京都世田谷区上馬1-32-3
03-3795-1055
smell-bar.com

PICTURE DIARY 0111WE2017

pd20171101s
地と空と海の女神のエスキスを描いている。

PICTURE DIARY 3110TU2017

pd20171031s
山あり谷ありの一日。早朝からAssistant Aと出張。終日あちらこちら走り回り見聞を広める。

PICTURE DIARY 3010MO2017

pd20171030s
美美さんの作品を見に青山me ISSEY MIYAKE。渋谷で画材。CD。眼鏡フレームチェック。代官山でランチ。車にガソリン。星のアトリエに遠来の客。更に遠来の客。北風強く寒い。

PICTURE DIARY 2910SU2017

pd20171029s
キャンバスの下塗りとスケッチ。アイデアの熟成。すぐにAI主体の世の中になるだろう。人間は間違う生き物で、AIは間違わないとされる。人間がプログラムを間違うことがあってもAI自体が補正するだろう。人間の持つ芸術性がクローズアップされて、芸術的な間違いが賛美されるだろう。コンピューターには許されない大間違いな芸術の未来。

PICTURE DIARY 2810SA2017

pd20171028s
昼すぎから雨。昨日のことを反芻する。結局映写機を借りたけど使わなかった。過去のものは現在に甦らない、常に新しいものとして接するのが正しい。映像が皆に渡るようにDVDに焼いておいて良かった。DVDのプレイヤーとプロジェクターも、まさかの時のために持って行こうかと思ったのだから、思ったら思ったとおりにするのが良いことだった。弟子は、今夜居ると役立つかも知れないと、師匠が呼んでくれていた8mmなどを趣味にする男だと聞いた。さすが師匠。いつも知らず色々な人に助けられている。