PICTURE DIARY 1712WE2014

PD201401217s
仕事の合間、アリスとナイスに遊び道具を作ってあげる。この遊具は、他のどんな物よりもネコたちを夢中にさせる。しかも簡単で、もちろんお金もほとんどかからない。仕事用テーブルの上で作っている時から興奮して食い付く。作るのに3分もあれば充分なので、じっと待つように言って聞かせるのだが無理。カッターを使うので危ないから隣の部屋に追いやる。出来たぞー、と扉を開けると飛び付くやら2足歩行やら回転技やら繰り出して暴れるように遊ぶ。割り箸の先に10枚程の細い短冊に切った画用紙を挟んだだけの物だが、僕も一緒に遊んでもらったと感じるような充足感があり楽しい。

PICTURE DIARY 1612TU2014

PD201401216s
冷たい雨。日本海側は大雪とのこと。山脈を越えて寒波が流れ降りる。僕は北国に住まうことが出来るだろうか考える。考えるまでもなく難しいだろう、無理だと言っても良いが、可能性が無くはないとも思う。子供の頃、雪合戦は大好きだったし雪だるまやかまくらなども作って遊んだが、それらは子供たちの楽しみであって、大人の仕事ではない。スケートは1回だけしたことがあり、楽しい思い出ではない。スキーはしたことがない。いずれにせよ滑るのは苦手だ。雪かきをする体力はおろか、寒さにも耐えられそうにない。こんこんと降り積もる雪を暖炉に薪をくべながら、結露して曇った窓ガラス越しに眺めるのが精一杯だろうか。見て感じるのが仕事であり、感じたことを表現することが与えられた役割である、冬を充分に感じる必要があり、だからと言って風邪を引いたりするのは面白くない。何にせよ距離感かな。

PICTURE DIARY 1512MO2014

PD20141215s
ART OF HEART展始まる。HEARTの中にはARTがある。心の声を聞く耳EARがある。熱い魂HEATがある。聞こえるHEARみんなの歌声が。

PICTURE DIARY 1412SU2014

PD20141214s
明日のART OF HEART展初日に向け最終的な作業をする。準備を進めて行くと、些細だがスパイスの効いた新しいアイデアが浮かんで来て、展覧会の仕事と内容がミルフィーユのように重なり、厚く甘くなる。今日の午後、僕が描いたS10号の作品に、明日夕方、舞台のマチネがはねて駆けつける雪之丞さんが、会場で詩を手書きする。展覧会は生き物だ。

NEWS-ART OF HEART EXHIBITION

一雨ごとに冬の色が濃くなって参りますが
お変わりなくお元気でお過ごしのことかと存じます。

12月12日より、渋谷のシダックス本社壁面にミック・イタヤのイルミネーション作品
「星とハートの天使」が点灯しています。
ハチ公前のスクランブル交差点からも見ることが出来ます。
イルミネーションはシダックス社のチャリティーとして
国連UNHCR協会を通じ、難民の子供たちに食事を届ける
「One Wish for One Meal」キャンペーンのシンボルとして製作しました。

アートの壁プロジェクトの一環として
12月15日より開催中の展覧会のご案内をさせていただきます。

お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

展覧会情報

AOH_WEBw600

シダックス“アートの壁”第5弾プレゼンツ
ART OF HEART
ミック・イタヤと森雪之丞の展覧会

開催期間:2014年12月15日[月]ー2015年3月15日[日]
会場:シダックス・カルチャービレッジ1F渋谷シダックス・ギャラリー
開場時間:10:00-20:00 入場無料
★ 年末年始12月27日 土曜日から1月4日 日曜日までの9日間は休廊しております。


作詞家・詩人 森雪之丞がプロデュースするシダックス・カルチャービレッジ“アートの壁”第5弾は、ビジュアルアーティスト ミック・イタヤによる「星とハートの天使のイルミネーション」。イルミネーションの点灯に合わせて1Fのシダックス・ギャラリーでは二人の展覧会「ART OF HEART」を開催いたします。友人、恋人、家族とご一緒に、ぜひ遊びにいらしてください。2014年12月15日[月]ー 2015年1月31日[土]の間はOne Wish for One Mealキャンペーンの一環として、あなたの「ひとつの願いごと」を書いたカードをハートペガサスに託して天使に届けるイベントを開催します。みなさんの夢や願いの心が子供たちを救い、ハートペガサスをハートのアートにします。
また、ミック・イタヤのスペシャルワークショップ、2月1日からは展示内容の変更も予定しております。詳しくはWEBをご確認ください。
http://wallofart-shidax.com/



mic
ミック・イタヤ / MIC*ITAYA
ビジュアルアーティスト
多摩美術大学卒。アーティストでありデザイナー。流麗な線で描く天使や女神たち、太陽や星の煌めきを愛する詩情豊かなフューチャーロマンティスト。ミュージック、ファッションやミラー、照明器具のデザインなどでも知られている。www.micitaya.com

MORI
森雪之丞 / Yukinojo Mori
作詞家・詩人
1976年に作詞&作曲家としてデビュー。リリースされた楽曲は2300曲を超える。2013年よりCULTURE WORKS総合プロデューサーに就任。近年、演劇作品も数多く手がけ2015年には戯曲の再演を筆頭に話題作の上演が続く。www.mori-yukinojo.com



ミック・イタヤ スペシャルワークショップ
[1] ブックマークエンジェル・・・・1月18日 日曜日14:00-16:00
[2] スターピッド人形・・・・・・・2月 1日 日曜日14:00-16:00
[3] ハートペガサスのオブジェ・・・2月 8日 日曜日14:00-16:00

受講料: ¥ 3,240 / 材料費:¥ 2,160 / 定員数:16名
場 所: シダックスカルチャーワークス 東京都渋谷区神南1-12-10シダックスカルチャービレッジ2F
詳しくはカルチャーワークスの講座案内をご覧下さい。WEBからもお申し込みいただけます。
http://w.cultureworks.net/culture/

BookMark_4C_72w300
[1]ブックマークエンジェル 1月18日 日曜日14:00-16:00
本のページとページの間には天使がいるのを知っていましたか。あなたが本を読みながら眠りに就くのも、泣いたり笑ったりするのも天使の仕業かもしれませんよ。大好きな本のページの間であなたを待つしおりの天使。天使や女神や星のきらめきが大好きな、アーティストのミック・イタヤさんと一緒に本のしおりを作ります。

STARPID_4C_72w300
[2]スターピッド人形 2月1日 日曜日14:00-16:00
私たちは太陽の光を浴びて生きています。天使スターピッドは太陽の光や灯りを感じて動きます。小さなソーラーパネルが付いた人形なのです。光があれば元気に動きますが、暗くなると眠ります。アーティスト、ミック・イタヤさんと一緒に、スターピッド人形に自由に線を描いたり色を塗って、素敵な天使の仲間入りしましょう。

HeartPegasus_4C_72w300
[3]ハートペガサスのオブジェ 2月8日 日曜日14:00-16:00
ハートペガサスは手足や体、素敵な翼もすべて緩やかなハートの形です。私たちの願いを届ける役目をしています。ご用のないときは17のパーツに分かれて小さくなっています。願い事を、というときには組み立ててあなたの大切なメッセージを伝えます。アーティストのミック・イタヤさんと言葉や絵の伝言をオブジェに記して叶えましょう。

シダックス株式会社
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-12-10
シダックス・カルチャービレッジ
お問い合わせ 03-3770-1425
http://wallofart-shidax.com/
SHIDAX_PCcard0117out

HPhest

PICTURE DIARY 1312SA2014

PD20141213s
ART OF HEART展の会場に必要なものを買いに出る。ペンやノート、トレイなど。作品の搬入や設営は昨日完了しているが、展覧会会場内の案内やマップがまだ。特殊なプロジェクトでもあり、色々決まらないことがある。フライヤーやホームページにアップロードする情報がまとまるにはまだ時間が必要。

PICTURE DIARY 1212FR2014

PD20141212s
ART OF HEART展、会場設営と搬入。草臥れた。チャーミングな展覧会になると思う。15日から来年の3月15日までの3ヶ月間、どうぞよろしく。今夜はもう眠る。

PICTURE DIARY 1112TH2014

PD20141211s
明日の作品搬入準備。合間渋谷のシダックスギャラリーへ設営の確認。アートの壁「星とハートの天使」イルミネーションのフレームもギャラリーの設えも思いの外ファンシー。展覧会の会期は長く、クリスマス、お正月、バレンタインデー、ホワイトデーまで3ヶ月間喜びとハッピーな日々が続くので、訪れた人が幸せを感じるように。明日会場で雪之丞さんがキャンバスに書いた詩に僕が絵を描き、僕が絵を描いたキャンバスに雪之丞さんが詩を書く2点の共同作品、とても楽しみにしている。雪之丞さんはその場で書くとおっしゃるが、僕は詩を見てどんな画材が相応しいか考えるので、場合によっては持ち帰る必要があるかも知れない。全体がどうなるか予想出来ない面白さ。

PICTURE DIARY 1012WE2014

PD20141210s
宇宙空間のハッブル望遠鏡で撮影した写真を見た。いくつもの星雲が写った写真を見て、とてつもない宇宙の大きさと時間について感じ、考える。僕らの太陽や地球、そして人間は宇宙のほんの小さな一部にすぎない。意識や魂の入れ物、僕らはそれを預かっている。大切にして美しくして。

PICTURE DIARY 0912TU2014

PD20141209s
急いては事を仕損じる。と思いながら気が急いている。作品の準備や会場のデザインなどの準備に時間の余裕がなく、追いかけられて苦しい気分。先回りしたい性格が発揮出来ずに後手に回っているのが痛し痒し。ミックさんこれどうしますか、あれどうしますかと尋ねられることばかり多い。どうしますかではなく、自分で考えて、これではどうですかを3つ位は考えてくれていたら素晴らしいな。どんなに大きな仕事も小さな仕事も、ほんの些細な物事で成り立っている。片付けや整理整頓に始まって片付けや整理整頓に終る。仕事を気持ち良く循環させるには決して止めない、逆らわない。自戒を込めて。