PICTURE DIARY 1301MO2020

pd20200113s

成人の日。行ったかどうか忘れている成人式。

CRONECOMIC 134

cronecomic134s

PICTURE DIARY 1201SU2020

pd20200112s

鏡餅を開き、綺麗にしてタッパーに保存する。焼いて少しいただく。小さな楽しみ。

NEWS – 第38回茨城県伝統工芸品展

38Baraden_web_F
38Baraden_web_B

第38回茨城県伝統工芸品展
2020年2月20日[木]→ 23日[日]

会場:新宿パークタワー 1階 ギャラリー3
開館時間:10時30分→18時30分/入場無料

生きている手、生きている仕事。 いばらの城から手仕事の未来へ。
伝統工芸品の未来は地球の自然環境につながっています。世界の各地に生まれた伝統工芸品の多くは、植物や動物その地方特有の自然の中から生活の道具や用品として発達してきました。「空気」「水」「土」、そして「人」「技」「心」。茨城の豊かな自然の恵みに育まれ、参加工芸士が長年磨いてきた伝統の手仕事を未来に伝える始まりの4日間です。始まりはささやかでも今まで続いてきたように、百年、千年の未来を想像して歩みを進めます。BARADEN、第38回茨城県伝統工芸品展をバラデンと呼びます。茨城の県花、薔薇の花びらは工芸士の未来へ羽ばたく「翼」であり「手」を表し、それは伝統工芸品を使用する皆さんの「手」でもあります。

出展:笠間焼、八溝塗、結城桐箪笥、石岡の桐箱、古河竹工画、西ノ内和紙
   本場結城紬、水海道染色村 きぬの染、水府提灯、桂雛、線香
   浮世絵手摺木版画、真壁石燈籠、梵鐘、米粒人形、霞ヶ浦帆引き船模型

<ワークショップ>
yuukitsumugi
★結城紬のアクセサリーづくり/本場結城紬

日 程:2月20日[木]・21日[金]・22日[土]
時 間:11時→15時/所要時間20分程度、14時30分受付締切
参加費:1000円 材料費込
ユネスコ無形文化遺産に登録された「結城紬」。お好きな生地を選んで、あなただけのオリジナル結城紬アクセサリーを作るワークショップです。デコレーションひとつでイメージも変わります。この機会に結城紬を肌で感じてください。

kannnatree
★桐のかんなくずリースづくり/石岡の桐箱
日 程:2月22日[土]
時 間:11時→15時/所要時間30分程度、15時受付締切
参加費:800円 材料費込
東北の桐は木肌が美しく絹糸光沢を放ち、かんなくずとは言えとても美しいです。薬品など使用していない桐ですので、インテリアとしてもやさしく、お部屋の空気を汚しません。製作はかんたんですが、お子さまは保護者の方の手助けが必要です。

インフォメーション
茨城県伝統工芸品展実行委員会事務局
茨城県産業政策課
電話:029-301-3584

主催:茨城県伝統工芸品展実行委員会

後援:茨城新聞社、毎日新聞社水戸支局、読売新聞社水戸支局、朝日新聞水戸総局
   産経新聞社水戸支局、東京新聞水戸支局、時事通信社水戸支局、共同通信社水戸支局
   日本経済新聞社水戸支局、日刊工業新聞社茨城支局、茨城放送、NHK水戸放送局
   茨城県教育委員会、一般社団法人茨城県観光物産協会

監修:ミック・イタヤ

新宿パークタワー:東京都新宿区西新宿三丁目7番1号38Baraden_map

NEWS – Ms.Sunday

81746015_3618398964851974_5322583679501860864_o

DJイベント Ms.Sunday
2020年1月26日 日曜日 12:00〜16:00
THE A.I.R BUILDING
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3丁目2−8

DJ yummy × THE A.I.R BUILDINGが最終日曜日にお届けするチルアウトなデイタイムパーティー、Ms.Sunday。
ベースメントにはHouse、二階ロフトにはChill-Out/Ambientを中心としたDJを迎え、ゲストアーティストのパフォーマンスや時にはフードベンダーと日曜日の午後を盛り上げます!DJがいるからってダンスしなくても良い。それぞれの楽しみ方を受け入れるポジティブヴァイブスがビル全体から溢れ出る空間に是非お越しください! – Ryo (THE A.I.R. BUILDING)

Ms.Sundayについて
2010年台、自由と許容と愛を希求する本当にニューヨークらしいパーティーの多くはBrooklynで巻き起こっていた。マンハッタンから地下鉄でわざわざ来る人達も、その道中でニューヨークで生きて行くために必要な鎧をイーストリバーに投げ捨てていた。日曜日の午後から子供も含め沢山の人がフードベンダーやローカルクラフトビールとハウスやファンクなどを中心とした開放感あふれるDJプレイを目当てに訪れるMr.Sundayはその自由な空気感を多分に含んでいた最高のパーティーだった。そんな自由でチルな空気を受け継ぎTHE A.I.R BUILDINGで開催されるMr.Sundayは、パーティーカルチャーの中心地とは言えない日本橋という場所に来てもらう事で、日常から解放されて思いっきり自由なパーティーを楽しんでもらいたいという想いが原点になっている。
皆さんがこのパーティーに参加し、少しでもそんな空気感を感じてもらえたら幸いです。

Yumi Kobayashi (Yummy)
14歳の頃にレコードを集めながらDJを開始。彼女にとってDJmixは物語の構築そのものであり、プレイスタイルもハウス、テクノを中心としたストーリー重視のミドルセットが中心となる。21歳の時訪れたBurning manでサンライズDJをした経験が世界観の礎となっており、東京芸術大学美術学部在学中、世界的なDJオーディションで才能を認められた事をきっかけに、house nation(WOMB)のメインDJとして活躍したのち、全国はもとよりIBIZA やアジア圏、北・南米等世界中の都市や野外フェスのフロアを揺らし当時ギネスブック公認世界最大のクラブのメインフロアで日本人初の出演を果たすなど、第二次フィメールDJムーブメントの先駆けとして知られる。メジャーデビュー後SUMMER SONIC、ULTRA JAPAN等の大型フェスにも出演。LOUD誌におけるDJランキングでは女性史上最高位を記録。数々の名門ブランドのアンバサダーやショーのミュージック・ディレクター、私塾の設立、大学での講義、CM出演、ジャンプコミックスでのコラム執筆まで請け負う異色の存在として知られている。Block.FMにてパーソナリティをつとめる生放送番組は8年目に突入し、2019年、Mix session teamでのAarrssとしても活動開始。

PICTURE DIARY 1101SA2020

pd20200111s

兄妹家族が集まり、毎年恒例の新年昼食会。それぞれ得意料理を持ち寄って。これもまた毎年お決まりのトマトソースのスパゲッティを作る。トッピングは自由に。オリーブ、アンチョビ、マッシュルーム、チーズ、コーンなどなど。

PICTURE DIARY 1001FR2020

pd20200110s

David Bowie命日。稀有な存在。

PICTURE DIARY 0901TH2020

pd20200109s

きちんと氣持ちを伝えること。ちゃんと氣持ちを理解すること。簡単なようで難しいことのうちのひとつ。同じものを見ても聞いてもゾウとキリンほども違う。仕事初め、ゆっくりとスタート。

PICTURE DIARY 0801WE2020

pd20200108s

仕事場を整える。星のアトリエには、相変わらず必要なものと、不要と思えるものとが、幾重にも渦を巻き出番を待っている。このスパイラルから飛び出すものが作品となるか塵となるか。いろいろな意味で環境を考える。

PICTURE DIARY 0701TU2020

pd20200107s

七草粥。お正月も今日で一段楽。お腹と心を健やかに整える。