PICTURE DIARY 0807SA2017

pd20170708s
寸暇を惜しんで細かい仕事の数々を整える一日。思い付くことを素直に選んで、具体的に目に見える形にする準備を行う。

NEWS-BLM*2017-18 AW MIC*ITAYA POP UP STORE EVENT SHIBUYA/HIROSHIMA

blm_popup201708_img

2017年8月10日 木曜日ー16日 水曜日
ビームス ライツ 渋谷店/渋谷ヒカリエ4F
ビームス ライツ 広島店/広島市中区本通9-25 杉屋ビル 1F

2017年8月10日 木曜日ー16日 水曜日の1週間、ビームスライツ渋谷店、広島店にて2017-18AWラインナップを中心に、BLM*ミック・イタヤのポップアップストアがオープンいたします。イタヤ来店日には、MIC*ITAYAのアイテムをご購入のお客様のお買上げ商品、またはハガキサイズのカードにその場で絵を描いてプレゼントします。ご希望のお客様にはチェキでイタヤとの記念写真の撮影も承ります。この機会にぜひ足をお運びください。

★イタヤ来店日
8月11日 金曜日・祝日 14:00-16:00 ビームス ライツ 広島店
8月12日 土曜日 14:00-18:00 ビームス ライツ 渋谷店/渋谷ヒカリエ4F

PRESENT
BEAMS LIGHTS with MIC*ITAYAの商品、MIC*ITAYAの作品をお買上げのお客様に、2017-18AWストーリーブックをプレゼントします。サインとエディションナンバー入り。先着順ですので無くなり次第終了します。
blm_popup201708_bookw250

● MORE INFORMATION http://www.beams.co.jp/news/516/

 

blm_popup201708_newcollection

●8月上旬入荷予定。 BEAMS ONLINEにて予約受付中。BEAMS ONLINEはこちらから

blm_popup201708_newcollection2w600

blmtag

NEWS-MUMIC OPUS 007

micdj7prok_72w600
MUMIC/ミューミック第7回
いつもサウンドとビジョンは同時に存在し共鳴しています。
音楽と絵の一夜。m*

New Rock Smell Bar
154-0011東京都世田谷区上馬1-32-3
03-3795-1055
smell-bar.com

PICTURE DIARY 0707FR2017

pd20170707s
七夕。水戸へ。来月初め開催、水戸発水戸初のすずも提灯展取材など受ける。紹介していただけるのは心強くありがたい。取材を受けながら、皆の気持ちが力となり集まるのを感じて頼もしい。仕事の出来る人は、曇りなくレスポンスが速いし元気が良い。

PICTURE DIARY 0607TH2017

pd20170706s
庭に黒揚羽がやって来て挨拶をくれる。普段めったに会うことの無い人に会い、別れた直後、その人との会話に出て来た2人の人物、普段絶対に会うことの無いその2人にばったりと出会う偶然。

PICTURE DIARY 0507WE2017

pd20170705s
手水の水を入れ換えるだけで気持ちが清々しく変わる。昼食の時間が取れなくて、打ち合わせの間を縫い大急ぎで近所の蕎麦屋に行くが、その店は水曜日が定休だった。それではと向かいの鶏肉屋でグリルした胸肉を買い求め、サンドイッチにする。今日一日の成り行きとしては、小気味良いテンポを持つような巡りではあるが、きちきちの余裕の無さが表れると格好悪い。

PICTURE DIARY 0407TU2017

pd20170704s
星のアトリエにて、着物でお世話になっているK氏と話す。近頃、銀座辺りでも草履を商う店などめっきりと減り、観光地ではペラペラのカーテン地のような貸衣装の着物をお召しの人を見て仰天の話しなど、面白可笑しく、憂いを含んだ語りを聞く。それにしても僕の着物の着こなしは、型があっての型破りどころか、最初から単なる崩しなのだろうから、含む憂いもどこに向けたものかなど思う。

PICTURE DIARY 0307MO2017

pd20170703s
細いペンで線を引く。直線も曲線もフリーハンドで引く。定規は使わずに、ふらつきや不揃いを喜びとして。きちんとした整列の美に心や魂の微かな躍動が欲しい。鋭さに可愛げがあるとなお良い。鋭利な温かみが、美味しさや味気という、身体的な心地の良さににつながる。おおらかで不思議な個性と、豊かさを感じる線と面のデザイン。

PICTURE DIARY 0207SU2017

pd20170702s
根津美術館、企画展、「はじめての古美術鑑賞-紙の装飾-」を見に行く。何とも素晴らしい。平安貴族の優雅な日常のほんの一端に、だからこそリアルを感じる。料紙との入口は、未来にも通じる鏡だ。色々なものを映し出す情緒の静謐で確かな乱反射。薄暗さの眩しさ。待ち合わせれば、必ず先に来て声も音もたてずに佇んでいる。

PICTURE DIARY 0107SA2017

pd20170701s
作品の下描きに時間を費やす。5時間一気に。あとはぼんやり脱け殻のように過ごす。