PICTURE DIARY 0811FR2019

pd20191108s

星のアトリエでは、葉は枯れ落ち、蔓は痩せ細ってはいるが、毎日小さな朝顔の花が咲く。入口扉脇の薔薇は、これも小さく鮮やかなオレンジ色の蕾が膨らんで咲こうとしている。

PICTURE DIARY 0711TH2019

pd20191107s

資料や掲載紙、デザイン作品などの整理を始める。改めて見ると、保存の必要が無いものが多数ある。要るものを見極め分ける。作業もさることながら、保管し保存するエネルギーも大変なものだ。

PICTURE DIARY 0611WE2019

pd20191106s

乾燥が激しい。絵具が早く乾く。身体から水分が失なわれる。秋晴の青空は高く美しく、どこか憂いがあるように感じる。水や水分の在りかが天気図と献立表に示される。湿される。

PICTURE DIARY 0511TU2019

pd20191105s

急に冷え込んで来た。例年どうだったかなど、当てにはならない。全てが変わり、どう対応するかより、どのように導くかを感じることが大事。すぐに出来ることも出来ないことも有る。行く末を予感し、出来ることからする。

PICTURE DIARY 0411MO2019

pd20191104s

AsMamaの10周年を祝う会。縁をいただき、Tシャツ用の絵を描いた。AsMamaは子育て支援から始まり活躍の場を広げている。設立当初は女性が主体の小さな組織だったそうだが、今では会員も増え、男性や老若、多くの人々が着用することになる。オレンジの地に白でプリントした従来のキャラクターのTシャツは正式なユニフォームで、公式な行事などの際には必ず着用する決まりだ。老若男女、国籍や人種を問わず喜んで着ることの出来る新しいデザインが求められた。今日お披露目した新しいTシャツを皆喜んでくれ、今夜はホッとしている。明日に向けて歩み出す。本当に嬉しい。

PICTURE DIARY 0311SU2019

pd20191103s

文化の日。文化について深く考え感じる日。 自由と平和を愛し、文化をすすめる日。

CURONECOMIC 124

cronecomic124s

PICTURE DIARY 0211SA2019

pd20191102s

銀座シロタ画廊、西成田育男展、「架景」、ざらついた透明感がある印象的抽象。西成田氏が画布の背後に存在した痕跡。最終日に。渋谷スクランブルスクエア、MARK’STYLEショップ訪問。奥まった所に元気よく羽を動かして、小さなスターピッドのオブジェが立つ。並木橋CIRCUS TOKYO、dip in the poolライブ。甲田さんのメッセージ、「I love you all.」、いつものように素晴らしい音楽。

PICTURE DIARY 0111FR2019

pd20191101s

ブラザー・コーンのバースデーライブ。たくさんのゲストに祝福を受けて華やいだ歓びの会。華というのは現実と解離した高貴なものだとあらためて感じる。

PICTURE DIARY 3110TH2019

pd20191031s

久し振りに星のアトリエに人が集まる。輝く星座を形作るようにそれぞれがそこに居る。