PICTURE DIARY 2508TU2015

PD20150825s
写真家のH氏夫妻が軽井沢田崎美術館に来て会う。小雨と霧の美術館でゆっくり過ごす。一生忘れない思い出の日になった。

PICTURE DIARY 2408MO2015

PD20150824s
時は流れ移ろい、絶えず新しい時代へと入る。古の栄華や面影を認め、残しながら囚われることなく迷わず進む。止めることも戻ることも必要ではなく、意思のままに。

NEWS-GONTITI & MIC*ITAYAExibition RED GUITAR

mic_gintiti-0903s
デビュー以来、ゴンチチのアートワークに関わり、アルバムジャケットデザインやステージ美術と、数々の仕事をご一緒させていただきました。昨年のゴンチチ「ダブル還暦フェスティバル」を機に、久し振りにステージとアルバムのアートワークの依頼を受けて仕事を進めながら、しみじみ長い付き合いになったものだと思いました。仕事をいただくのですが、ゴンチチに対しての素直な気持ちとして、お世話になるばかりで何のお返しも出来ず、お返しどころか今回もまた重ねてお世話になるような気持ちでいっぱいになるのは一体どんなに素敵なことなんだろうと感謝しながら、いつもそうして来たように、ゴンチチのお二人やスタッフの皆さん、そしてファンの方々に喜んでいただける最高の贈り物になるアートワークを目指して仕事をしたのです。アルバムジャケットのデザインを見る人が、ちょっといいな、ステキだなとほんの少しだけでもゴンチチの音楽に足し算出来ればもう何も言うことはありません。聴こえない音が聴こえ、見えない景色が見えるようになるのです。

2015年8月 ミック・イタヤ


MICGTT_IMG1
GONTITI & MIC*ITAYAExibition RED GUITAR
会期 | 9月9日 水曜日 ー 9月25日 金曜日
時間 | 10:00ー21:00 最終日は18:00まで
会場 | DMO ARTS 〒530-8558 大阪市北区梅田3-1-3 LUCUA 1100 B1F
TEL | 06-6450-8187
http://www.dmoarts.com/exhibition/2015/08/5102/

9/9(水) 昨年のダブル還暦フェスを収録したライブCD&DVDをリリース、9/24(木)には
スペシャルバンドを率いて なんばHatchで「秋のバンドツアー」を行う地球快適音楽ギター
デュオ「GONTITI(ゴンチチ)」。そのパッケージ・デザインを手掛けるミック・イタヤが、
ライブCD&DVDリリースを記念して、GONTITIアートをリミックスする展覧会を開催します。
会場ではデビュー以来ミック・イタヤが手掛けたGONTITIアートワークを一挙展示。ドロー
イング、ペインティング、切り絵、コラージュなどミック・イタヤの魅力のすべてが盛り込
まれたGONTITIのアルバムアートを現在の感覚でミック・イタヤ本人がリミックス。再構成
された原画作品を展示販売します。
また今回のダブル還暦フェスを収録したライブCD&DVDのアートワークも展示。オリジナル
作品に加え、今回の展覧会のためにスペシャルグッズやサイン入りのプリント作品も制作。
長年のGONTITIファンにも、新しいファンにも楽しんでいただける展覧会です。
期間中GONTITIとミック・イタヤのトークイベントやミニライブ、サイン会なども実施。
ルクア1100 9Fの梅田 蔦屋書店ともコラボして、地球快適音楽とアートのコラボを盛り
上げます。

★GONTITI & ミック・イタヤ トークイベント+ミニライブ
日時 | 9月19日 土曜日 15:30開場 / 16:00スタート
会場 | 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ 〒530-8558 大阪市北区梅田3-1-3 LUCUA 1100 9F

当日までにDMOARTS、蔦屋書店でGONTITI CD&DVD、ミック・イタヤ関連商品
合計3,000円以上お買い上げの方、1名分のイベント招待券を差しあげます。
イベント終了後、18:00より展覧会場(B1F ギャラリーDMOARTS)にて
レセプション、サイン会も予定しています。
DMOARTSでの展覧会を記念して、9Fの梅田 蔦屋書店でも
GONTITI&ミック・イタヤスペースが登場。関連商品を販売します。



gtt
GONTITI(ゴンチチ)
ゴンザレス三上とチチ松村によるインストゥルメンタル・アコースティック・ギターデュオ。

1978年結成、1983年デビュー。彼らの創り出すシンプルで優しいメロディーは、
聴く人、聴く場所、聴く時間を選びません。様々なシチュエーションに自然にマッチ
するゴンチチサウンドは、TVやラジオ、CM、映画音楽等、日々の我々の身の周りで
聴くことが出来ます。まさに彼らの音楽は「Very Special Ordinary Music」
(直訳すると「とても特別な、日々の音楽」)であり、何時しか人々の心に自然に
溶け込み、年齢・性別を問わない幅広い人々に愛好されるように なりました。現在
まで制作したアルバムは40枚を超え、10数枚のアルバムは全米、アジア他でも発売
されています。http://www.gontiti.jp/

GTT60CD
★GONTITI ダブル還暦フェスティバル2014[CD+DVD]
あの感動が再び甦る!
2014年秋に還暦そろい踏みとなったGONTITI。その記念コンサート
「GONTITI ダブル還暦フェスティバル」から大阪公演の模様を収めた
ライブCDと東京公演の模様を納めたDVDの2枚組。
アートディレクションをミック・イタヤが手掛けたスペシャルパッケージ!
コアなファンから初めての方まで楽しめること間違い無し!
通常価格:¥3,780(税込)

★『GONTITI 秋のバンドツアー』開催!!
9/24(木)なんばHatch 開場 18:00 / 開演 19:00
羽毛田丈史(pf)、一本茂樹(ba)、楠均(dr)を迎えバンドサウンドをお届けします!


MIC
MIC*ITAYA(ミック・イタヤ)
ビジュアルアーティスト

多摩美術大学卒業。流麗な線と明るい色彩で自然や神話の世界を表現し、雑誌、広告、
音楽、ファッション、舞台美術、空間デザイン、プロダクトデザイン、出版等の各分野
で活躍、個展も多数行っている。GONTITIのCDデザイン、UNIQLOユニクロ創立時
のロゴマーク、東京スカイツリー「ソラマチ」の壁画やオブジェ、鏡の作品「MIRRORS」、
和の明かりの照明器具「すずも提燈」はグッドデザイン賞を受賞。BEAMSのブランド
「BEAMS LIGHTS with MIC*ITAYA」のストーリーとデザインなどがある。 ’80年代に
デザイン出版したカセットマガジン「TRA」は、MOMAニューヨーク近代美術館に
永久保存されている。www.micitaya.com


PICTURE DIARY 2308SU2015

PD20150823s
午後から夕刻になり風が強くなる。強風という程ではないので歩いていても気持ちの良い範囲。洋上の台風がもたらす風だが、今のところ雨は伴わず。ガソリンスタンドの兄さんが空を指差して「傘を持たなくて大丈夫ですか?」と声をかけて来る。大丈夫、近くへ散歩だからその時はその時で。応じながら雨はまだ降らないだろうなと思う。そんな風にいつもちょっとしたことを気にして声をかけてくれるスタンドのスタッフたち。帰りに通ると空に目をやりニコッと笑う。雨が降ると洗車はもちろんのこと、給油の客も減るかな。

PICTURE DIARY 2208SA2015

PD20150822s
田崎美術館「中庭の鳩」展アートサロン第2回。充実した時を過ごす。人との出会い、自分の居場所の理解、役割、素直に信じる力、熱意、情熱の大切なこと。東京への帰り道、川越と所沢あたり、高速道路を走りながら花火が見えた。

PICTURE DIARY 2108FR2015

PD20150821s
菜食主義というわけじゃないけれど、薬という字は草が楽しいと書く。野菜や植物を食するのは体に嬉しいことだ。野菜を食べて怒りっぽくなったり戦闘的な気持ちにはなりにくい。薬は治すためのものではなく、楽しい生活に役立つものということ。

PICTURE DIARY 2008TH2015

PD20150820s
OBANDOS「新世界」ライブ。来るべき人が見に、聴きに来てくれる。喜び、悦び。

PICTURE DIARY 1908WE2015

PD20150819s
洗濯されたチノスーツは、ヴェートーベンを聴きながら車寄せの日陰で風に揺られている。僧から人は空から来て空に帰ると聞いて、この世の中は遊園地の空っぽな乗り物のようだと言った中国の幼い子供がいる。

PICTURE DIARY 1808TU2015

PD20150818s
10枚の絵を描き上げる。確か90年代に作ったものだと思うチノのスーツを着る。絵を描く時にと作ったが、あまりの良い出来に外出着になっていた。クローゼットから出る機会が無く久し振りに身を包むと想いが甦り、明るいベージュのチノスーツは小躍りする。これから飛び散る絵の具や勢い余った筆先、メモやスケッチなどが加わり、画架の作品を見守りながらその傍らで、ゆっくりと未知の完成に向かって行く。

EVENT-有楽町LOFT SHOP digmeout

IMG_6092s3
有楽町ロフトに期間限定でオープンしたSHOP digmeoutにミック・イタヤも参加しています。
定番のミラーの他に額装のプリント作品やTシャツなど多彩なラインナップをご用意して
皆さまのお越しをお待ちしております。

■ 会期:8月24日 月曜日ー9月17日 木曜日
■ 営業時間:10:30~21:30 日曜祝日10:30~21:00 ※最終日18:00閉場
■ 場所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3有楽町インフォス1階
    東京メトロ「有楽町駅」D9出口よりすぐ
    JR線「有楽町駅」京橋口より徒歩2分

SHOP digmeout http://www.dmoarts.com/news/2015/08/5063/
有楽町LOFT http://www.loft.co.jp/shop_list/detail.php?shop_id=199