PICTURE DIARY 2011FR2020

pd20201120s

出来事は、一日経つと落ち着く。時間と共に感情の昂りが消え、相応しい反応が出来るようになる。仕事など直感で生きる部分が大きいので、素直といえば素直でよいが、ダイレクトでクイックな反応をしがちになる。いつも一呼吸置くのが大事だと思う。

PICTURE DIARY 1911TH2020

pd20201119s

自分を愛するのは大切だが、自分のことしか考えないのでは困る。人を愛するからといって、その人のことしか考えないのも困る。困るは困る。女神の頭像を五点スケッチした。氣の強そうな顔をしている。困るとうこととは縁遠いお転婆で神聖な、慈悲深くコケットのある横顔が微笑む。シンプルなスケッチの構図に、他に何が必要であろうか。

NEWS – A TASTE OF THE SENSES

A TASTE OF THE SENSES
Contrapuntal by Benjamin Skepper

アーティスト ベンジャミン・スケッパーが贈る
エモーショナルナイト「A TASTE OF THE SENSES」のご案内

開催日:2020年12月4日・5日・6日
時 間:18時30分〜21時30分
会 場:有形文化財 kudan house
    九段ハウス千代田区九段北1−15−9

チケット料金:30,000円
ドレスコード:自らのエモさを高めるファッション

問い合わせ:Contrapuntal株式会社
ジョーンズ栄理子 erikomaui929@gmail.com
Benjamin Skepper contact@benjaminskepper.com

人生=ダンスなら、からだ中の細胞をぜんぶ踊らせたい
kudanphoto1

★Contrapuntal by Benjamin Skepperとは
日本語に直訳すると「対位法」。音楽理論のひとつで、複数の旋律を、それぞれの独立性を保ったままで調和させる技法です。ベンジャミン・スケッパーは、チーム「Contrapuntal by Benjamin Skepper」において、アーティスト、クリエイター、卓越した才能を持つ発信者たちに独自のアプローチ方法でそれぞれの世界観を共鳴させ、広く拡散する活動に取り組んでいます。

★A TASTE OF THE SENSESについて
「Contrapuntal by Benjamin Skepper」がプロデュースする五感を刺激するセッションであり、それにふれた人々にエモーショナルな時間を届ける国内初のイベントです。
第一の目標は、日本人には難解なものとしてとらえられがちなアートという存在を身近なものにすること。第二の目標は、各アーティスト、各クリエイターが “発信するモノ、コト” に独自の方法で化学変化を起こし、新しい価値観を想像すること。最大の目標は、イベント参加者全員がエモーショナルな気分になること。

万華鏡をのぞいた瞬間のような、エモい時間をプレゼントします。
※今季をセッション1とし、年4回のセッションを実現いたします。

<セッション1 メンバーと内容>

各クリエイターのセッションをスタンディング形式で体験

飲み物:POMMERY社のシャンパーニュ「ブリュット・ロワイヤル」
    COEDO BREWERY社COEDO BEER

料 理:ベリッシモ氏による料理「ダ・ヴィンチの食卓@ベンジャミンの調べとともに」

フィナーレ:ベンジャミン氏の演奏とダンスセッション

%e3%83%99%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%9f%e3%83%b3
ベンジャミン・スケッパー/クリエイティブディレクター, ミュージシャン, アーティスト
メルボルン生まれ。2歳よりクラシック音楽を始める。ライブ、国内外のブランドのアートディレクション、サウンドコンポジションなど、幅広く活動中。https://benjaminskepper.com/
■各ゲストクリエイターを総プロデュース。

%e5%a4%a7%e5%80%89%e6%ad%a3%e4%b9%8b%e5%8a%a9
大倉正之助/能楽師, 文化庁日本遺産大使
能楽囃子大倉流大鼓重要無形文化財総合指定保持者
■ベンジャミンの創り出す音と大鼓のセッション

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-12-01-14-47-21
ベリッシモ・フランチェスコ/料理研究家, タレント
シカゴ大学研究員とともに古代ローマおよびルネッサンス時代の食事を復元、研究し、アメリカやカナダなどでイベントを行なっている。
■レオナルド・ダ・ヴィンチが食べていたとされる「ダ・ヴィンチの料理」を提供

%e6%9d%89%e5%8e%9f%e7%9c%9e%e7%9f%a5%e5%ad%90
杉原眞知子
未生流、スペインに花留学。海外生活を経て平田暁夫氏に装花を学んだ後、刈米義雄氏に師事。
ファッションショー、舞台他、長谷工モデルルームやHOYAクリスタルなど多数の店舗ディスプレイ、”FURLA“展示会、浅草寺“観桜の会” 六本木ヒルズ「麻布 久徳」内装飾など多数参加

micitaya
ミック・イタヤ/ビジュアル・アーティスト
ユニクロ創業時のビジュアルを担当、ソラマチの壁画やオブジェを創作するなど、国内外で活動するアーティスト。
■GOODDESIGN賞を受賞した「すずも提灯」を会場内にデコレーションし、幻想的な空間を演出する

<参加DJ>
djamiga
DJ AMIGA

djsei
DJ SEI

vjsatoshi
VJ Satoshi/Union Japan・Asia及びLPM JPの代表, VJ プログラマー
幕張メッセやRock in Japan Festival Count Down Japan,リオ五輪演出チームに参加ポルトガルのUniversity召還し、Dome映像ワークショップを日本プロジェクションマッピング協会と共同開催した

v
Banksy Artを使用したマスクが登場!
覆面アーティスト・バンクシー(Banksy)のグラフィティ写真を使用した
ブランドコラボを展開するイギリスの会社とfab Japanの初のBanksyアートマスクがBenjamin SkepperのArtイベントで登場します。Contrapuntal(コントラパンタル)の展開していくArtイベントで登場するBRANDALISEDのグッズの売り上げの一部は復興支援、LGBTQ+、医療、環境問題などテーマに合わせて寄付していく予定です。

%e7%b7%92%e6%96%b9%e7%a7%80%e7%be%8e
緒方秀美/写真家
NYで多くのアーティストと交友があり、CDジャケット、ファッション、雑誌、広告界で活躍。スピード感のある作風、内に秘めた真の姿を一瞬で見抜きカメラに収めていく類い希な技術は多くのミュージシャン、クリエーター、アスリート、世界のセレブから多大な支持をうけている

kudanhouse
九段ハウス
1927年に建造されたスペイン風建築物。新潟県の武家の子孫、山口萬吉のために建てられました。2018年有形文化財に登録され、元の仕様そのままに現存しています。同年より、会員制ビジネスイノベーションの拠点「kudan house」として新たなスタートを切りました。https://kudan.house/

★コロナ対策
 入館前の検温と消毒、マスクの着用にご協力ください。
 37.5以上の方は入館をお断りする場合があります。

主催:Contrapuntal by Benjamin Skepper株式会社
協力:九段ハウス
企画:Contrapuntal by Benjamin Skepper

%e5%90%84%e7%a4%be%e3%83%ad%e3%82%b4

PICTURE DIARY 1811WE2020

pd20201118s

オースミ氏と待ち合わせ訪れた展示会の後、茶飲み話。昔話やこれからのこと。心地好い。TAKEO KIKUCHIのショップで開催中の、ミュージシャン布袋寅泰40周年記念グッズやステージ衣装の展覧を見る。タケ先生のクリエイションと布袋氏のエクスプロージョン。個々強い。

Mic*Itaya Private Exhibition COSMYTH3 PEACE PIECE

cosmyth3title
peacepiecergbweb
Apollo And Animals /Mic*Itaya
11112020We/1303×970mm/Acrylic,Gold Foil, Silver Foil on Canvas/Copyright 2020 Mic*Itaya Power Of Beauty

Mic*Itaya Private Exhibition
COSMYTH3
PEACE PIECE

12.1tue.-12.13sun.2020
The Artcomplex Center Of Tokyo
Open 11:00-19:00/Last Day 11:00-17:00
Closed On Monday

■社会情勢により開催日程や入場方法が変更になる可能性がございます
■最新情報はアートコンプレックスセンターHPをご確認ください

cosmyth3mapw500

PICTURE DIARY 1711TU2020

pd20201117s

WAVE2020展作品搬入。力作揃い。どの作品がどう見えるものか楽しみだ。この時世で開催に踏み切った主催者たちと、参加を決めたアーティストたちに感謝と敬意を表する。描く人が描き、見る人が見る。

PICTURE DIARY 1611MO2020

pd20201116s

絵の完成。サインを入れる。WAVE2020展は明日搬入。FM、サラーム海上さんの選曲素晴らしい。今週も楽しみだ。音楽と音楽が国境を超えて出会い、新しいものが生まれる。サラームさんの生き方そのもの。食と音楽の旅。そこに芸術や伝統や工芸を加えた旅をしたいものだと思う。

CURONECOMIC 178

cronecomic178

PICTURE DIARY 1511SU2020

pd20201115s

「雑」と「味」の境い目と、違いについて考える。双方を意識するのか氣にしないのか。どちらであるにせよ好ましい存在感や佇まいを感じるのか。何よりも美しいのか。それにしても精進精進。

PICTURE DIARY 1411SA2020

pd20201114s

酉の市。日暮れ時、大鳥神社へ。人混みを避けて、遠くからお詣りする。久し振りの洋食屋で夕食とする。