PICTURE DIARY 1111SA2017

pd20171111s
清水靖晃とサキソフォネッツLive at Spiral Hall。サキソフォネッツとして今年唯一のコンサート。多くの知己に会う。もうかなり前になるが、栃木県の大谷石採掘場の地下深く、靖ちゃんがサキソフォンでバッハの無伴奏チェロを演奏し、レコーディングしたのを思い出した。見物に行ったのだが、素晴らしい演奏とこの世のものとは思えない残響音、そして、夏にもかかわらず地底の寒さに打ち震えた。今宵この空調の効いたホールで、完璧な演奏と音響に包まれ、時に天上に導かれ、椅子に座っているのを忘れる。感動に震え凡て忘れる。

PICTURE DIARY 1011FR2017

pd20171110s
表参道を明治通りから青山通り、骨董通りへ迂回して根津美術館を経由し青山通りに戻り、表参道の一本裏道を明治通りまで歩く。外国の人が多い。立ち寄ったHADEN BOOKSでも、外国の人が写真集など買って行くと驚いていた。聞くとお国の旅行案内に紹介されていて、あなたは有名人ですよと言われたとか。笑って話す。

PICTURE DIARY 0911TH2017

pd20171109s
夕暮れの影絵のような光が好きだ。だから陽の落ちる前に走り出したい。地平線の赤、橙、に桃色が混じった光、白っぽい明かりの筋を置いて、そこから天空にかけての群青から濃紺、黒紺までの匂い。あらゆるものがシルエットになる美しきメランコリー。田舎道をひたすら走る。

PICTURE DIARY 0811WE2017

pd20171108s
音楽は空気を震わせ心を揺さぶる。絵は光を発し心を動かす。色彩と旋律。筆致と律動。混色と和声。歌いながら絵を描く。

PICTURE DIARY 0711TU2017

pd20171107s
茂一さんと会談。SP盤を聴かせてもらう。あたかもそこに語り手が居るような奇妙な現実感に包まれる。中村吉右衛門の長唄と久保田万太郎の解説入り、昭和初期のものなど。今、聴くべくして聴くものと心得る。単なる懐古趣味ではなく、針で縄文土器の溝をなぞったら、縄文人の息づかいや言葉を聞いたような新しい不思議。

PICTURE DIARY 0611MO2017

pd20171106s
午前中、星のアトリエで仕事の打ち合わせ。昼から東京国際フォーラムへ。日本全国郷土工芸品展、東京大会。4つの会場を見て廻る。本当に素晴らしいものがたくさんある。現在とこれからの生活にどう活かせるか。我儘で良いと思う。

PICTURE DIARY 0511SU2017

pd20171105s
夕方ULTRA SEVEN搬出。皆さんご活躍さまでした。帰路、狙いを定めた新しい眼鏡フレームを手に入れる。この1ヶ月、あれこれ色々なフレームを試したが、機能的に優れたもの、とても良く似合うものはあっても、気に入ったものは全く無い。ポイントはいくつか。手に取ったとき、着用時の程好い特別な忘れ得ぬ印象、丸みと流線の理想的なマリアージュ、少しのチャーミングと優しい力強さ、日々の酷使に耐えうること、やや大ぶりで威圧感が無いこと、極力余計なデザインでないこと、あくまでもエレガンスを保ち、黒であること、デザイン会社や個人に納得出来るストーリーがあること、そして予算内であること。とは言え惚れたらそれ。

PICTURE DIARY 0411SA2017

pd20171104s
スケッチ三昧。頭の中に有る、形の有るもの無いものを紙の上に出す。紙は神。暴れ回る有象無象をおさめる。

PICTURE DIARY 0311FR2017

pd20171103s
MUMIC第10回のためにジミ・ヘンドリックスの肖像を描く。高校生のときにPURPLE HAZEを聴いた衝撃は大きい。叫びをギターに乗せて燃やした。

PICTURE DIARY 0211TH2017

pd20171102s
枯れた草を集める。目の端に、すばしっこい蜥蜴が映る。夕暮れるのが早い。柿の実を獲る。やって来る鳥たちのために柿の実を残しておく。