PICTURE DIARY 1307WE2016

PD20160713s
The Artcomplex Center of Tokyoへ。スタッフと出身地による画風の違いについてなど雑談。言われてみれば北の画風、南の画風、関西、関東と大まかに分けてみると明確な特徴があるようにも思う。スタッフによると、県ごとの作風の特徴にも思いあたると言う。各都道府県ごとの展覧会を企画したらどうかなど語る。

PICTURE DIARY 1207TU2016

PD20160712s
昨日、舗道の植え込みの下に、蝉が這い出しているのを見たことを思い出した。アトリエの周辺では、まだ蝉の声は聞かないが、もうすぐそこに。

PICTURE DIARY 1107MO2016

PD20160711s
ウェルカムボードの絵を描くのだが、キラキラが足りない。1枚は2人のポートレイト風、もう1枚は2人をデフォルメしたアーティスティックなもの、ついに3枚目はイメージものでキラキラした印象でと、都合3種類を描く。どのようなものがお好みか、ポートレイト風は結婚式に、アーティスティックなものは二次会で、イメージものは自宅に飾る感じであろうか。

PICTURE DIARY 1007SU2016

PD20160710s
世界の未来はひとりひとりにかかっている。いついかなる場合でも。

PICTURE DIARY 0907SA2016

PD20160709s
日比谷野外音楽堂へ。EGO-WRAPPIN’ライブ。開演直前、夜来の雨上がる。出雲大社正式参拝のお陰。良重さんチャーミングで可愛い迫力の歌声とダンス。バンドもタイトで抜群。シンプルで素直に構成された気持ちの良いステージに晴れ晴れする。十代の頃から通った野音は、今も僕のロックの原点にある。

PICTURE DIARY 0807FR2016

PD20160708s
森の木々の間に吹く風。街のビルの間に吹く風。

PICTURE DIARY 0707TH2016

PD20160707s
縄文土器を見に行く。今更ながらに凄い。6000年前の底の尖った装飾の無いものから、4500年前の縄や渦巻き、水えん柄のように、メッセージを込めた複雑に見えて定形の決まりがあるもの、そして1800年程前、稲作が伝わり、それと共に土器はモダンなシンプルなものになり、装飾も控え目になる。その変遷も興味深いし、土偶の作りや表情は、どこから来るものか、深い謎をはらんだ訳を感じさせ、伝えている。それらの9割は女性が製作したものだと言う。自分たちが今、描いたり作ったりしているものの意味や未来を考えるには充分な完成度と技術、美意識が充満して、頭をもたげ始める感覚が止められない。

PICTURE DIARY 0607WE2016

PD20160706s
風が吹くと、森の樹は幹ごとゆらりゆらりと揺れて船のマストのようだ。船酔いしそうだが、ぼんやり見ていると気持ちがいい。森の小道を歩いて行くと、根元から折れて倒れた大木が道を塞いでいる。とうせんぼということかと思いながら、ごめんなさいよと越えて行く。小道の先には大きな岩や小さな岩が崩れ落ちている。森の様相が少しずつ変化して、険しい表情のように思えるが、いつも季節はそうっと、そしてがらりと変わる。

PICTURE DIARY 0507TU2016

PD20160705s
朝、ウグイスの歌声に目覚める。薔薇のお茶の最初の一口と言ったら、何と素晴らしい。

PICTURE DIARY 0407MO2016

PD20160704s
突然の雷雨。日中の厳しい暑さの反動でもあろうか、急激に気温が下がり涼やかな夕暮れに。