6月 2008

HOTSHOT-GLOBE

灯りが仕込んであると思える地球儀を出入り口の上に取り付けてある店なのかオフィスなのか夜来ればわかるか看板や表札はまだ無い

PICTURE DIARY-290608SU

梅雨時は水を含んだ服を何重にも着ているようで体も気も重い。木立に囲まれたテラスのある晴れた日にはこの上も無く気持ちの良いカフェもジメッとして客が 寄り付かない。しかしこの湿気の中で草や樹や花やあらゆるものが情緒的に映る。 […]

PICTURE DIARY-280608SA

路上で脇目もふらずすれ違って行く不思議なシッポのネコ。夕方の住宅街をどこへそんなに急ぐのかと言えば多分レストラン。失礼ながらデートという訳では無かろうがひょっとしたらレストランで待ち合わせかも。東京の夜の7時。

HOTSHOT-TOKYO TOWER

東京タワーにご挨拶

HOTSHOT-GRAY

梅雨空は灰色の豊かなトーン

PICTURE DIARY-240608TU

高速道路を走る。東京タワーに重なるように建築途中のビルの幾つもの巨大なクレーンが同じカラーリングで東京タワーの手前にある。東京タワーがうごめく生 き物のように見えた一瞬。ハンドル越しの画面は大きくパンする。ビルの窓に自分 […]

PICTURE DIARY-230608MO

公園のサイクリングコースを回る。競技場の歓声が曇り空に吸い込まれてゆく。雨になるかも知れないと思う気持ちの分声援は大きく明るい。雨になり競技が中止になって誰もいなくなったら歓声が一緒に降ってくるだろう。塗れては困るので木 […]

CATODAY

一歩こちらに踏み出すところ

PICTURE DIARY-210608SA

ひじきの煮たものに少し塩気のあるシラスをたっぷりと乗せみじんにした紫蘇を振り醤油をさらりとかけいただく。彩り味ともに好し。目刺しのふわりとあぶっ たものを紫蘇の葉に乗せさらに多めの大根おろしに千切りした生姜を乗せてくるり […]

PICTURE DIARY-200608FR

アトリエの近所は坂が多いので自転車で走るには工夫と体力が必要です。坂道を下る分には爽快ですが僕の自転車は変速機が無く固定ギヤなので登れない坂もあ ります。坂が登れなくて自転車を押して歩くのは何かに勝てなかった気持ちになり […]