7月 2012

PICTURE DIARY 2107SA2012

ブルーベリーを食べると本当に眼がすっきりとする。眼をたくさん使う毎日なのでとても助かる。物や風景を漠然と見ていることも多いが、物や風景の細部に渡り、じっくりと、あるいは瞬間的に凝視することのほうが多いと思う。五感で感じた […]

PICTURE DIARY 2007FR2012

鳥の声とピアノ、フルートが混ざりあい、良い音楽になって聞こえる。急に寒くなって吐く息が白くなるほど、濃い霧の立ち込めるレストランのテラスでは、数人の男女に連れられ、ベビーカーに乗せられた数匹の犬たちがご主人たちと一緒にラ […]

PICTURE DIARY 1907TH2012

川の水が流れるのを見ていると、川の水が流れているのではなくて、それを見ているぼくが流れて行くことに気が付く。静寂の支配する森の奥の川のほとりで、吹く風は凪、時折蝶がひらひらと視界の中を不規則な軌道で横切って行くのみ。しか […]

PICTURE DIARY 1807WE2012

ホトトギスの啼く声で目覚める。昨年も一昨年も同じホトトギスなのか、啼く声が一緒だ。同じように聞こえる。ぼくがホトトギスのことを余りにも知らないのだが、最初にその声を聞いた時には若いホトトギスなので、上手に啼けるように練習 […]

NEWS-Mic*Itaya Mirrors銀座三越2

Mic*Itaya Mirrorsからのお知らせです。 銀座三越地下1階Gスペース 銀座土産コスメフェアでのイベントショップは 明日7月31日火曜日までとなりました。 銀座三越限定のHEART LIONをデザインした手鏡 […]

CURONECOMIC 74

PICTURE DIARY 1707TU2012

朝、敬愛する知人からジャン・コクトーの映像作品”la villa santo sospier”が届く。高速道路を走る。森へ行く。渓流で涼み、木漏れ日が起伏のある流れの表面を輝かせ、岩の上で、川面の […]

PICTURE DIARY 1607MO2012

東京の空は高く青い。通りかかった公園のプールでは子供たちが歓声をあげながら水と遊んでいる。太陽に焼かれて滴る汗のなんと新鮮なこと。まぶたを閉じて太陽の方向を見ると赤い。光を通したまぶたの色。その赤は、何とも言えない赤だ。 […]

PICTURE DIARY 1507SU2012

こんなに天気の良い日なのに一歩も外に出ないなんて、勿体無いなとも思う。元来ぼんやり、のんびりとした性格ではあるが、一週間のうちに一日は本気でぼんやりとして、のんびりと過ごす日が必要だ。塀から顔を出し、風にそよぐ笹の葉をじ […]

PICTURE DIARY 1407SA2012

フランスの革命記念日。1789年のバスティーユ襲撃を記念し、7月14日を祝う。ルネ・クレールの1932年の映画「7月14日」を「巴里祭」と邦訳した結果、日本では7月14日をパリ祭と言うようになったらしい。夕方、百貨店に文 […]