9月 2012

PICTURE DIARY 2609WE2012

星のアトリエはそこそこ古い建物で、多分昭和20年代の終わりか30年代の始め頃の建築だと思う。以前にもリビングの吹き抜けの天井から雨漏りがしたり、古い電気の配線は電気の流れが不安定でデザイン作業用のコンピューターにとって都 […]

CURONECOMIC 81

PICTURE DIARY 2509TU2012

急に夜など寒いので体が大分冷えるようになった。ハンドミラーの納品に街を廻る。空はやや重く、明るいグレーの雲に覆われて、雨粒が落ちて来ないのが不思議なくらいだ。保湿性の高い雲なのだろう。訪れたショップのスタッフに、もう今か […]

PICTURE DIARY 2409MO2012

この間まで星のアトリエに在籍していたM女史に男の子ができた。H君はまだ9ヶ月の小さな紳士だが、テーブルを両手で叩いてリズムの研究をしたり、手の甲や指を吸ってラッパの練習をするのが最近のご趣味のご様子だ。音楽に造詣が深いら […]

PICTURE DIARY 2309SU2012

朝、目覚めたら雨音がするのでそのまま昼過ぎまで眠る。幾らでも眠れそうだ。ぼくの幼時に、ご飯を茶碗に盛りつけて出しても、どうしても手をつけず食べないことがあった。どうしたものだろうかと両親は困ったのだが、そのうちにお櫃から […]

PICTURE DIARY 2209SA2012

秋分のお彼岸。菩提寺の住職と世間話。先代はまだまだお元気で、今日も一緒に提灯の話などした。在職60年余。現役のまま現住職に道を譲られたのだが、そのような例は全国の寺の中でも珍しいのだと言う。ホームセンターの十字路には、こ […]

PICTURE DIARY 2109FR2012

STUDIO AZZURROの展覧会オープニングレセプション。川崎市民ミュージアムへ。STUDIO AZZURRO結成30周年、川崎市民ミュージアム開館25周年の記念展ということでもある。「KATARIBE」と題した都市 […]

PICTURE DIARY 2009TH2012

歌舞伎の世界の話で、誰の話であったか定かではなくなってしまったが、老境の、女形を極めた大役者が、今は盛りの当代切っての人気役者に言った言葉。「歳を重ねて芝居はだんだん上手くならない。むしろ下手になって行くものだ」と。精進 […]

PICTURE DIARY 1909WE2012

今日の夕焼けは格別にきれいだった。太陽が沈みかけた西の空には雲が多く、光の筋が幾重にも重なって旭日旗のように光芒を放っていた。真上の空にはまだ真昼の青水色が広がって、所々に浮かんだ雲がピンクオレンジに染まって流れて行った […]

PICTURE DIARY 1809TU2012

本当にたくさんの星がキラキラと光った。写真スタジオを出る時に、足元に気を付けてくださいね、と言われたので足元には充分に気を付けていたのだが、出入口手前の薄暗がりに、頭上に低く梁が渡してある所があり、そこに頭をぶつけた。そ […]