2月 2013

PICTURE DIARY 2502MO2013

ESTNATION、4店舗に手鏡の納品。PIANOなどの新作が楽しみ。夜、博多の朋友、岡部八郎の出演するコンサートへ。渋谷にて。おかはちのウクレレと歌と愉快なお喋り。意外にも東京で歌声を披露するのは初めてとのこと。ウクレ […]

PICTURE DIARY 2402SU2013

かなり寒さを感じる。夕刻、恵比寿まで自転車で出たが、風が強く冷たく、体の芯まで、頭の真ん中まで冷たさが染み込んで凍り付くようだ。この季節は少し暖かな日があり、体や気持ちが春の方へ向かい、急な冷え込み、寒さに対して油断があ […]

PICTURE DIARY 2302SA2013

休養日。終日ピアノやシンフォニーのCDなどを聴いて過ごす。ハーモニー・コリンの新作「スプリング・ブレイカーズ」の試写会の案内が来る。机上の薔薇がそろそろ萎れてきた。2才の頃、火鉢にぶつけて目の上を切ったとき、〇〇の歌を歌 […]

PICTURE DIARY 2202FR2013

星のアトリエでTV番組のロケーション。13時から18時頃まで。プロフィール・カットやインタビューなど。作品制作風景のシーンでは、即興的に思い浮かんだものを夢中で描くのだが、その場の空気で誰のものでもない絵になり面白い。ぐ […]

PICTURE DIARY 2102TH2013

星のアトリエの吹き抜けの部屋に2011年の作品「天使のはね」を飾る。500×1000mmのキャンバスにアクリル絵具で描いた中程度の大きさのものだが、壁面に充分な余裕が無いので少し窮屈かも知れない。しかし、自由に飛べないと […]

PICTURE DIARY 2002WE2013

PIPPALAで髪を整える。整えてもらいながら内田さんと三崎のバールとドーナツ屋さんの話。昔からの商店街。そのドーナツ屋さんの2階でY.Cさんのコンサートがあり、訪れると、お客さんにぼくとそっくりの人がいて、あれ?ミック […]

PICTURE DIARY 1902TU2013

空寒く風冷たい。昼雪舞いちらつくが、積もること無くただ濡らす。夕刻、神田淡路町の老舗、「かんだやぶそば」から出火、建物焼く。築90年余の数寄屋、おそらくは大半を焼失したであろう。怪我人の無く不幸中の幸いと言うべき。今日の […]

PICTURE DIARY 1802MO2013

甘いものに縁のある日。神田淡路町近江屋のイチゴのクリームケーキをホールで。続いて浅草徳太楼のキンツバ。まず、吟味された大粒のイチゴ。スポンジとスポンジの間に、ごろりどっかりと生クリームに埋まって挟まる様子は、可憐とは言い […]

PICTURE DIARY 1702SU2013

新しいことが始まるとき、季節が変わろうとするとき、古いものは豊かな土壌となる。

PICTURE DIARY 1602SA2013

ライトアップする直前の歌舞伎座の前を通る。晴海通りを挟んで道の反対側には大勢の人々が三脚を立て、それぞれにカメラを構えてその瞬間を今や遅しと待ちわびている風。通り過ぎる。風はことのほか冷たい。天頂付近に三日月が煌々と笑う […]