4月 2013

PICTURE DIARY 2704SA2013

表現者。EXPRESSIONIST。絵を描くが、それはぼくの絵を見たいと思う人がいて、さらにぼくがぼくの絵を見たいと思う人を見たい、あるいは、知りたいと思う気持ちが、絵を描くという理由のひとつになっている。絵の中に何を見 […]

PICTURE DIARY 2604FR2013

「いしおか」でせいろ。散歩がてら学芸大学まで。たまに覗いてみるレコード屋を通り過ぎようとしたところでルビンシュタインの全アルバムをCDにしたBOXSETを発見。全部聴こうとしたら数年かかるのではないかと思う。福助×mor […]

PICTURE DIARY 2504TH2013

大分暖かくて、こんな日に限ってライダースジャケットを着たくなる天邪鬼な性格。勿論真夏でも着る。代官山パントリーで遅めの昼食を調達する。フォカッチャ等。パントリーの食べ物は、素材も調理もしっかりしているので心身が喜ぶ。偶然 […]

PICTURE DIARY 2404WE2013

公園を散歩していると、大きな太い木の根元の所に黒猫が丸みを帯びてうずくまっているのが見える。散歩道の傍らの、その木の方へ近付くと、素知らぬ振りをしながら「なんだ?近付いて来られると少し困るな」という気配をくれる。それでも […]

PICTURE DIARY 2304TU2013

代官山でのミーティングの後、その足で恵比寿ガーデンヒルズのロブションへ。お名前プレートと共に頼んでおいた助手Aのバースデーケーキを受け取りに行く。実際の誕生日よりも早めだが、皆のスケジュールを合わせると今日しかない。ミー […]

PICTURE DIARY 2204MO2013

原宿の南国酒家で昼食会。いつも仕事で顔を合わせている仲間たちとの親睦のために。さらなる発展を。ツール・ド・フランス100回記念の公式ブックをパラパラと見るが、見ごたえ読みごたえがある。じっくりとページをめくろうという気持 […]

PICTURE DIARY 2104SU2013

森は昨夜雪。桜の花が雪を被っている。何とも美しく可愛らしい。二つの季節の逆転。バイオリンの弦は羊の腸で作られ、弓にはモンゴルの白馬の尻尾の毛が張られる。食べ物で遊んではいけませんよ、と注意されるが、羊を食べて、腸を引っ張 […]

PICTURE DIARY 2004SA2013

休養日。久し振りに新聞の端から端まで眼を通す。そして雨。

PICTURE DIARY 1904FR2013

2代目のアシスタントだったY女史が、ご子息のM君と星のアトリエに来る。意外なことに初めて。お土産の草餅と、用意していたカットケーキを日本茶、紅茶を代わる代わる飲みながらいただき、ウィーンの話などを聞く。M君は昨秋、ウィー […]

PICTURE DIARY 1804TH2013

佐久間さんにエレクトリックギターの話を聞く。佐久間さんがギターを作るということを知らなかった。現にオフィスを訪ねるとベースギターのヘッドに弦巻のパーツを取り付けているところだった。「何をしているんですか?」。愚問。ドッグ […]