7月 2013

PICTURE DIARY 3007TU2013

観音橋食堂のロゴ決まる。観音橋の「音」の字の「立」の部分を箸でつまんで少し持ち上げているデザイン。茂一さんとCLUB KINGのプロデュースする、セルフサービス食堂の色々な惣菜が盛り付けてある、食の皿を選ぶ意味と、音の皿 […]

PICTURE DIARY 2907MO2013

今日は2つのロゴとシンボルマークのプレゼンテーションがあった。2つ共に面白さや喜びを分かち合える内容で楽しい。単純明快なものの強さと、少しのユーモアがあるストーリーの存在。

PICTURE DIARY 2807SU2013

水戸へ。深見紅雨先生が主幹を務める、水戸書芸院、月刊「書契」七百号達成記念祝賀会に出席する。五十八年四ヶ月の間、一回も休むことなく出版し七百号。常人には到底真似出来るものではない。続けることの大切さ、重要さとたゆまぬ力を […]

PICTURE DIARY 2707SA2013

故郷の祇園祭。小さな子供たちが、子供神輿を台車に乗せて押し歩く。往路、首都高から隅田川花火大会の会場付近を見た。コンクリートの護岸上にはびっしりとブルーシート。早くも宴会。復路、竜巻警報の道すがら、出合うことはなかったけ […]

PICTURE DIARY 2607FR2013

昼食の帰り道、豆腐屋さんで絹を一丁買う。大分以前は音楽業界の売り上げと、豆腐業界の売り上げが同じくらいと言っていたが、今はどうなのだろうか。そもそも売り上げ高が偶然同じくらいだったのでそう言われたのだろう。他にも比較して […]

PICTURE DIARY 2507TH2013

12 POCKETS JACKET最終サンプルチェック。多少の修正点はあるけれども非常に良い仕上がり。襟裏とフラップポケット下のポケット縁にパイピングしたリフレクターも利いている。しかし、毎日ポケットの中をあらためておか […]

PICTURE DIARY 2407WE2013

描き上げた絵に額を用意して、イメージの中では多分この額が合うだろうと考えていたので、入れて壁に吊してみる。描いた絵も、その場所に相応しいモチーフとテクスチャーを綿密に組み立てて仕上げた。大体において絵は額に収まると見栄え […]

PICTURE DIARY 2307TU2013

海辺の暮らしとその物語。旅する人の携える物語。繋がりと交わり、新しい物語の誕生。海と空と水平線の話。大地と空と地平線の話。雲丹と太陽、砂粒と星々、波と月の物語。

PICTURE DIARY 2207MO2013

観音橋食堂で昼食とする。茂一さんが居て、食後、蓄音機でSP盤を聴かせてもらう。5曲。1曲ずつ針を取り換える。ビッグバンド、若きイブ・モンタン、プッチーニの「トスカ」から茂一さん取って置きの1曲を最後に。こんなに豪華なデザ […]

PICTURE DIARY 2107SU2013

参議院議員選挙投票日。言うまでもなく選挙はとても大事だ。そう感じない人が果たして居るのだろうか。一票の重みについて、考えることの無い人が居るのだろうか。するべきことはするべきこと。