1月 2014

PICTURE DIARY 2901WE2014

二日続けて外出せず。お籠り状態。大きな作品、重要な作品製作に取り掛かる時の常。気を受けて、育んで、洩れないように留める。出来るだけ人には会いたくはなく、話もしたくない。けれど、人に会い、話すことでより大きな力が廻るもの。 […]

PICTURE DIARY 2801TU2014

何かの終わりが、何かの始まりにつながる、そんなイメージの日。

PICTURE DIARY 2701MO2014

夜見る夢にはリズムがある。今は目覚めてからも夢の内容を覚えていることの多い時期。このごろの夢の特徴は、質感や触感、ディテールがリアリズムなこと。ストーリーについては、よくもこんなストーリーを考え付くなと感心する。勿論考え […]

PICTURE DIARY 2601SU2014

自分が赤ちゃんの時から、今も変わらず好きなものは何だろうと考えてみると、流線型をしたものがある。いつも無意識に探している。出合いは零歳児の頃。生まれて最初の頃の記憶として、とても鮮やかに思い出すことが出来る。セルロイドで […]

PICTURE DIARY 2501SA2014

仕事をする場所を変えると発想も変わる。星のアトリエのいつもの部屋、馴れたところからちょっと環境を変えてみると、ちょっとどころか、がらりと発想が変わることがあるものだ。毎日を旅している感覚に変わりはなく、自分が身を置く場所 […]

PICTURE DIARY 2401FR2014

豊前房で夕暮れ時のうどんでもと思い歩いて行くと、まだ時間が早く、店は閉まっていた。Aux Bacchanalesで気に入りの調理パンを星のアトリエへの夜食に、そして朝のパンドゥミを買って、久し振りにALASKAに行った。 […]

PICTURE DIARY 2301TH2014

夕暮れ時に、夜の深い青になりかけの残照の空の、隣家の屋根の傾斜の向こうから、明るい一番星が覗く。ぼんやりと眺めて瞳を閉じる。瞼を開けると明るい一番星は屋根の傾斜から驚くほど上に移動して輝いている。1日のうちに空を見上げて […]

PICTURE DIARY 2201WE2014

中学受験のお嬢さんに、将来何になりたいのか尋ねると、学校の先生になりたいと言う。ところが、近頃の学校は暴力問題などが絶えず、学業と言うこと以外の部分で先生たちが苦労している様子を見ると、自分はそんな苦労をしたいとは思わな […]

PICTURE DIARY 2101TU2014

昼食を摂っていると、隣の席にやって来た客の男性は70代位の上品に身なりの小柄ながら恰幅の良い紳士で、その後の会話の内容からすると、飲食に関係する仕事で、もしかしたら料理評論家かも知れない。連れの女性は50代の、やはりきち […]

PICTURE DIARY 1901SU2014

ソファに横たわり、太陽の光を浴びて眼を瞑りながら宇宙を旅する。ここもまた宇宙の一部なのだと実感する。あまねく光で成り立つこの世界の、太陽の暖かな光に包まれていると、この星もまた宇宙の一部であり、このぼくもまた宇宙の一部分 […]