12月 2015

PICTURE DIARY 2012SU2015

動きを鎮める。鎮めた心で動かす。筆が行きたい処に行かせる。

PICTURE DIARY 1912SA2015

人の顔というのは、一番面白い画題だなと思う。感情や気持ちはもちろん、読み取るのは難しいが、人生や人間性までも表し、現れている。街を歩いて行き交う人の顔を見ると、口だけしかない人、眉毛だけの人、鼻の穴だけの人、のっぺらぼう […]

PICTURE DIARY 1812FR2015

年も押し迫り新年に向けての諸々が錯綜をし始める。良い準備をして良い結果を出したい。

PICTURE DIARY 1712TH2015

LAD MUSICIAN 20周年記念展覧会。HANAYO+LADの写真展示と写真集出版。HANAYOライブパフォーマンスを代官山のAL GALLERYで。写真の写りかたと写っているモノがステキだ。LADのデザイナー黒田 […]

PICTURE DIARY 1612WE2015

小さい頃、デパートの展覧会で、エジプトのツタンカーメン王のゴールドとブルーの仮面を見た。あの金色の美しく幼げな顔立ち。深く記憶に残る。やはり子供の時、初めて訪れた上野の美術館で見たロダンの地獄門。こんなに恐ろしい物を作っ […]

PICTURE DIARY 1512TU2015

写真家のH氏の誘いで九十九里の撮影に同行する。14時に東京を出て夕暮れを狙う。H氏の作品制作テーマに沿ったプライベートフォトセッション。自分の仕事ではなくロケーションの現場について行くのは初めて。潮風を身に受け撮影風景を […]

PICTURE DIARY 1412MO2015

dipの忘年会。dip in the poolのお二人はお酒を飲まないこともあって、かどうか忘年会を主催するのは初めて。dipの音楽のように終始和やかで穏やかな会。来年もよろしくね。

PICTURE DIARY 1312SU2015

ニキ・ド・サンファルを見に行く。初期の射撃の作品とニキの嬉々とした表情が印象的。一転してナナに託す女たちの時代の生理的衝動の素直な発露。日本の後援者YOKOとの出会いと作風の変化。精神世界の神と宗教に囚われない姿勢。晩年 […]

PICTURE DIARY 1212SA2015

自分の絵の仕事を大まかに分類する。夕方になり、作品を複写するためのカメラを見に行く。今のカメラは動くものをシャープに捕らえようというのが主流なので、全く動かないものをじっくりと撮るカメラの適性となるとかえって考えてしまう […]

PICTURE DIARY 1112FR2015

夜来の雨が嘘のように上がり、昼前から代官山の聖林公司では店の横手を会場に餅つき会。ゆかりのある多くの人々が訪れて賑わう。浄めの雨。眩しい太陽に向かい、あたたかい風に吹かれて歩く。美空ひばりミュージアム前の坂を下って目黒川 […]