6月 2016

PICTURE DIARY 1706FR2016

鏡と灯り。漆と紬。鏡と漆。灯りと漆。灯りと紬。鏡と紬。関係があるような、ないような。神話とお伽噺、僕の頭の上で、?マークと!マークとがいつも冠のように輝いている。

PICTURE DIARY 1606TH2016

懇意の大工兄弟が手掛ける現場を見学に行く。築300年以上も経つ古民家のリノベーション。葺き替えが困難になり、トタン板に覆われていた茅葺きを落とし、建物全体を約1メートル持ち上げ、耐震構造の土台をコンクリートで作り、スケル […]

PICTURE DIARY 1506WE2016

細かい仕事の大切について、言われたこと、約束したことをそれ以上のものに高める器量。そして、「自ら進んで働くよいこ」。確かこれは通っていた小学校の校訓のひとつだったかとおもうが、しかし、これがなかなか出来ない。出来なくて当 […]

PICTURE DIARY 1406WE2016

音楽演奏と楽器の起源のひとつにアポロンの竪琴がある。竪琴の原型は戦いの神でもあるアポロンの弓にあり、武器である弓を弾く音が竪琴を生み、ギターになった。ギターの音色は聴く人の心を射て、感動を生む。我々は平和の武器、ギターの […]

PICTURE DIARY 1306MO2016

雨の中、街をバリアフリーに!を合言葉に開かれた、小さなオペラコンサートに行く。ソプラノ多田倫子さんの力強く明るい歌声に、心が晴れやかになる。

PICTURE DIARY 1206SU2016

浜辺に寝そべっていると、体の細胞が砂粒に交わる。天と地からの暖かさが太陽の持つ久永の力を示して、地平線に生きる我々の、自然界との交換を誇らしげにする。

PICTURE DIARY 1106SA2016

新富町、森岡書店。岡野奈尾美さんコサージュの本出版イベント。イトウゴローさんギター、甲田益也子さん歌。森岡書店は一階の右端にあるが、建物は1929年竣工の四階建て。二階には舞台のある部屋があり、以前は歌舞伎の稽古などに利 […]

PICTURE DIARY 1006FR2016

右と言ったつもりなのに左と言っている。思うことと口から出る言葉にギャップが出て来た。いよいよプログレッシブな時代に入って来たか。ちょっと蒸し暑くなると狂い始める。表現の上ではその狂いこそが大切だ。

PICTURE DIARY 0906TH2016

田舎の空地に南瓜の種を蒔きました。少し時期を逸しているかも知れませんが気にせずに。先日は向日葵の種を蒔きましたが、一週間ほど経って見ると、可愛らしい二葉が土から顔を出して、太陽に両手を広げているようです。夕方、近所の仔犬 […]

PICTURE DIARY 0806WE2016

高校生の時に描いた絵「原爆一閃紅蓮魂」と、描いた時以来の対面。画像での確認だったが、あの頃の精一杯がそこにある。下手なりにきちんと描いている。