6月 2016

PICTURE DIARY 0706TU2016

日本橋三越、撤収は速い。またよろしく。星のアトリエの窓辺に網を張り、ゴーヤの弦を這わせる用意。夏の強い陽射しに備えて工夫。

PICTURE DIARY 0606MO2016

夕方、星のアトリエの塀の上を猫が歩いて、竹薮の中に潜り込んで行くのを見た。夜になって猫同士が争うような声がするので、この季節の縄張り争いだろうと思ったが、余りに激しく異様なうなり声に驚き、玄関からサンルームを走り抜け、庭 […]

PICTURE DIARY 0506SU2016

昨年、コンサートで手に入れることの出来なかった、清水靖晃&サキソフォネッツのCDアルバム、ゴルトベルク・ヴァリエーションズを買う。物凄く聴きたいと感じるこの季節。何時何回聴いても。

PICTURE DIARY 0406SA2016

目黒、十四世喜多六平太記念能楽堂、喜多流燦ノ会公演。番組、「高砂」、狂言「清水」、「桜川」。ゆっくりとした流れに、日々の喧騒と忙しさを忘れ、祖先が辿った道のりを想う。世の本質の揺るぎのない真理に腰が据わる。まだ若い世代の […]

CURONECOMIC 104

PICTURE DIARY 0306FR2016

東京ビッグサイト、interiorlifestyleTOKYO。面白いものがたくさんあり過ぎて、目に止まったものだけを見る。展示品の中でも数は少ないが、セラミック、カーボン、照明器具が気になる。単一性の高いシンプルな存在 […]

PICTURE DIARY 0206TH2016

年長のべらんめぇな隣人が、小さなスコップを片手に向日葵の芽が出たと喜んでいる。若い頃は足下の雑草など蹴散らしていたものだが、今では雑草も愛らしく愛しいと言って目を細めている。人は変わるものだ。

PICTURE DIARY 0106WE2016

日本橋三越のミラーズポップアップショップ、販売に立つ。偶然にくまもんを造る人がいらして、初めましてと立ち話する。ディスプレイ用に置いたスターピッドを気に入って、可愛いと誉めてくれた。着ぐるみの専門家なので、スターピッドで […]

PICTURE DIARY 3105TU2016

森に行きたい。

PICTURE DIARY 3005MO2016

新聞社の取材。インタビューを受けながら、多岐に渡る仕事の自分であること以外に脈絡の見えないような、捉え所の困難な様は、類例に乏しいと呆れもし誇らしくもある。多くのジャンル、カテゴリーを縦横するスタイルは、今までもそう、こ […]