7月 2016

PICTURE DIARY 1807MO2016

3時間程絵を描く。自分が受け継いでそれとは知らずに育てて来たもの、育てて行くもの、絵を描きながら、想いがめぐる。方程式や決まり事は、紙に書いて目の前にあれば簡単に気が付くし、当てはめたり応用も容易いだろうが、方程式や決ま […]

PICTURE DIARY 1707SU2016

好きな香を切らして久しい。五感のうちの大切なひとつを取り戻す。良い香りは素敵な空気を運んでめぐらす。極上のものでなくても良い、好きなものを大切にする。

PICTURE DIARY 1607SA2016

かわいい天使を描く。世界中に心と生活の余裕が無い。みんなに届く声、みんなに届く絵。

PICTURE DIARY 1507FR2016

The DUOのアルバムデザイン最終確認。ミーティングはいつも恵比寿のインドカレー店。Y子さんがウェルカムボードを取りに見える。とても喜んでいただけて嬉しい。二人のポートレイトを真面目に描いたものが一番のお好みかも知れな […]

PICTURE DIARY 1407TH2016

雷雨のなか、車を走らす。ワイパーが懸命に雨粒を左右に拭う。ワイパーに代わるシステムを考え出すことが出来ないものかと思う。

PICTURE DIARY 1307WE2016

The Artcomplex Center of Tokyoへ。スタッフと出身地による画風の違いについてなど雑談。言われてみれば北の画風、南の画風、関西、関東と大まかに分けてみると明確な特徴があるようにも思う。スタッフに […]

PICTURE DIARY 1207TU2016

昨日、舗道の植え込みの下に、蝉が這い出しているのを見たことを思い出した。アトリエの周辺では、まだ蝉の声は聞かないが、もうすぐそこに。

PICTURE DIARY 1107MO2016

ウェルカムボードの絵を描くのだが、キラキラが足りない。1枚は2人のポートレイト風、もう1枚は2人をデフォルメしたアーティスティックなもの、ついに3枚目はイメージものでキラキラした印象でと、都合3種類を描く。どのようなもの […]

PICTURE DIARY 1007SU2016

世界の未来はひとりひとりにかかっている。いついかなる場合でも。

PICTURE DIARY 0907SA2016

日比谷野外音楽堂へ。EGO-WRAPPIN’ライブ。開演直前、夜来の雨上がる。出雲大社正式参拝のお陰。良重さんチャーミングで可愛い迫力の歌声とダンス。バンドもタイトで抜群。シンプルで素直に構成された気持ちの良 […]