7月 2016

PICTURE DIARY 0807FR2016

森の木々の間に吹く風。街のビルの間に吹く風。

PICTURE DIARY 0707TH2016

縄文土器を見に行く。今更ながらに凄い。6000年前の底の尖った装飾の無いものから、4500年前の縄や渦巻き、水えん柄のように、メッセージを込めた複雑に見えて定形の決まりがあるもの、そして1800年程前、稲作が伝わり、それ […]

PICTURE DIARY 0607WE2016

風が吹くと、森の樹は幹ごとゆらりゆらりと揺れて船のマストのようだ。船酔いしそうだが、ぼんやり見ていると気持ちがいい。森の小道を歩いて行くと、根元から折れて倒れた大木が道を塞いでいる。とうせんぼということかと思いながら、ご […]

PICTURE DIARY 0507TU2016

朝、ウグイスの歌声に目覚める。薔薇のお茶の最初の一口と言ったら、何と素晴らしい。

PICTURE DIARY 0407MO2016

突然の雷雨。日中の厳しい暑さの反動でもあろうか、急激に気温が下がり涼やかな夕暮れに。

PICTURE DIARY 0307SU2016

かなり暑い。絵を描く手が汗ばむ。そんな状態を気遣いながら、二枚の作品を仕上げる。

PICTURE DIARY 0207SA2016

しりあがり寿氏の現代美術、回・転・展オープニングレセプションパーティーへ。練馬区立美術館にて。色々なものが回る回転インスタレーションを中心に、漫画の原画や墨絵、アニメーションなど。表現の中心を回転としたことが軽妙で小回り […]

PICTURE DIARY 0107FR2016

書類に判をきちんと捺そうとする余り、力余って印面を滑らす。書類作り直し。役所に行き不在者投票する。二枚の絵を描く。時代の先端は鉛筆の芯のように尖っていて折れやすい。時代の先端はボールペンの先のように球形で回転し移ろいやす […]

PICTURE DIARY 3006TH2016

すずも提灯が参加する、目黒雅敘園「和のあかり」展プレスレセプション。明日のグランドオープンに先駆け、水戸から鈴木社長も駆け付け、自ら説明役を買って出る。日本の伝統的なあかりに関わる36の団体が出展し、百段階段を会場に、美 […]

PICTURE DIARY 2906WE2016

目黒雅敘園「和のあかり」展すずも提灯設営。夢に見た苦心作、星のシャンデリア提灯のお目見え。