11月 2016

PICTURE DIARY 1411MO2016

先日仕事用の眼鏡のつるを、誤って片方折ってしまったが直しに行く間がない。片方のつるが無くても少し斜めになるが、かけることは出来るので、少し不自由だが天邪鬼を決め込んでいる。ミーティングなどで話す相手が可笑しいと言って笑う […]

PICTURE DIARY 1311SU2016

jupiterのstar ornamentにサインする。終日Red Guitarの作品集デザイン進める。M嬢のプライベートアートサロン。クリスマスをテーマに双六を作り、その楽しい遊びのイメージを抽象的な絵にする。

PICTURE DIARY 1211SA2016

日中はブックデザインに費やす。3時過ぎ、銀座のコバヤシ画廊へ西成田洋子展を見に行く。森の中から這いずって来たような、懐かしい記憶の自由な塊は、永い時の流れの果ての一瞬にここに在る、居る、去る。そうして、振り返るとやはり多 […]

PICTURE DIARY 1111FR2016

GONTITI第三の男、佐脇さん、星のアトリエに来る。Red Guitar展や本の話など少しするが、ステージ美術や照明家の安森さんの明かりの捉え方の話題など、展覧会のトークイベントの際に是非お伺いしたいことばかり。舞台上 […]

PICTURE DIARY 1011TH2016

額の発注や作品集のページネーション最終調整。GONTITIとの仕事の欠片を拾った展覧会は、今と未来に向かって歩き出す。とても何かをまとめられるものではないし、まとめる気もない。いつもプロセスだけがあり、止まっているように […]

PICTURE DIARY 0911WE2016

良いことと困ったことが同時に起こるような日。ジョーカーはいつでも最強の手。オールマイティ。

PICTURE DIARY 0811TU2016

RED GUITAR展の準備に明け暮れる。気持ちも明け暮れる。光明が射したり扉が閉ざされかけたり。単純な作品の展覧ではない分、気遣い悩ましい楽しさがある。

PICTURE DIARY 0711MO2016

今の僕にとっての良い音楽の条件のひとつ、聴こうと思えばしっかりと深く聴くことが出来、聞こえて来ても聴かずに流すことの出来る音楽。絵やデザインについてもそうかも知れない。

PICTURE DIARY 0611SU2016

BEAMS LIGHTS with MIC*ITAYA ポップアップストアーイベント神戸店にて。新しい方、また来てくださる方、ご希望を伺いながら絵を描く。そうして絵を描いていると絵というものは、人と人の間にあって、自分と […]

ICTURE DIARY 0511SA2016

RED GUITARのための作品集ページなどの割り付け。60ページあまりの本の中にどのように収めるか。淡々としたものでありながら温度が感じられるものにしたい。GONTITIとは、音や文字として表現しきれないものを、皆が見 […]