1月 2018

PICTURE DIARY 1801TH2018

展覧会の作品を選ぶ。果てしない。隣人が草刈をしている。こんにちは、と声をかける。「何だかまた背が高くなったんじゃねえの?」、「そうか!おれが縮んだのか!」お互いに笑い合う。愛すべき隣人。

PICTURE DIARY 1701WE2018

パンとチーズが無性に食べたくて買いに出る。柔らかめの食パンに、たっぷりのカマンベール。満足。

PICTURE DIARY 1601TU2018

感の働く人々。楽しい。楽しさに注意。気が付くと知らない所に居る自分。

PICTURE DIARY 1501MO2018

アリスが僕の肩に飛び乗るのを覚えた。屈んで作業していると背中に乗ることはあったが、今日は立って描いたばかりの絵を選んでいると、背後のテーブルの上から、小さく短くニャと鳴きながら肩に飛んで来た。襟巻きにしちゃうぞ。

PICTURE DIARY 1401SU2018

自分の役割を知ること。自分のための仕事ではなく、人のための仕事であること。

PICTURE DIARY 1301SA2018

淡々と仕事を進める。前進することしか考えないあまりに、過ぎて行くことを放って置く癖がある。仕事にせよ日常の何にせよ、起承転結をつけなければ治まりが安定しないのは至極当然。後になってあれは何処にこれは何処へと時間がかかる。 […]

PICTURE DIARY 1201FR2018

先日、屈んだ拍子に出窓の縁に額をぶつけて星が飛ぶのを見た。擦り傷がやっと治ったところ。リラックスしていて注意力や距離感が曖昧になった。悠々とリラックスしている時に限り頭を打つことが多い。

INFORMATION – MUMIC 13 延期のお知らせ

PICTURE DIARY 1101TH2018

茨城へ。友禅染の石山修さんと蕎麦屋で昼食。きしっとして美味い。1階が蕎麦屋で2階が旅館になっている。広く陽当たりの良い庭を、白黒のぶち猫が芝を踏み締めてゆっくりと横切って歩く。天井や硝子戸、柱などに比べて、床や間仕切りの […]

PICTURE DIARY 1001WE2018

出張は車で行ける所は車で行く。運転が好きだ。出来れば1人がいい。好きなところを好きなように走りたい。車の運転が唯一の趣味かと思う。どんなに遅くなる場合でも、泊まらずに必ず東京に戻る。1日のリズム、1週間のリズム、1ヵ月の […]