7月 2018

PICTURE DIARY 1807WE2018

午前中、星のアトリエ近くのポストに手紙を投函する。チリチリする暑さとまとわりつく湿気。たった3分もかからない距離だが、日中の外出はこれきり。淡々とN.の絵を描く一日、気が付くと陽が翳り、絵のための時間は終了。今日はN.の […]

PICTURE DIARY 1707TU2018

新宿へ。展覧展示のためのスペースを下見する。好印象。組立方次第。上手に間抜けることが肝心。色気や華といったチャーミングについて心掛ける。そう言えば、N.のレコードアルバムやCDアルバムが手元に無い。金曜日のMUMICに間 […]

PICTURE DIARY 1607MO2018

N.のポートレイトを描き進める。キャンバスに下描きをし始めたら、下描きに使用したグリースペンシルの線とタッチの行き場の無い感じが気に入る。このまま完成させようと思う。

PICTURE DIARY 1507SU2018

ほぼ半日、いくつかの手紙や葉書などを書く。星のアトリエの小さな庭を囲むコンクリート塀の補修工事。昨日型を外されて剥き出された新しいコンクリートが炎天の陽に晒されて白い。ささやかな身の回りの美のあれこれについて整える。何を […]

PICTURE DIARY 1407SA2018

日本橋三越美術サロン、高校時代の同級生、町田博文さんの個展。丁寧に描き込んで王道の作風。ヒカリエ8階ギャラリーでは茨城クラフアート展示台、ユニサステーブルを工作してくれたアーリークラフト、齋籐昭彦さんの展覧会。端正で細や […]

PICTURE DIARY 1307FR2018

余りに暑いとぼんやりして頭の働きが鈍る。暑さにやられながら、西日本の水害に心が痛む。悠長な考えかとは思うが、非常用仮設住宅のデザインを考えてみよう。アーティストやデザイナーが出来ることのひとつ。未来について予めの備えを見 […]

PICTURE DIARY 1207TH2018

塀の修理。隣の建物の取り壊しがようやく終了しようかという最終日、シャベルカーが星のアトリエの塀に親しげな挨拶をくれて、塀が気を損ね、ひびが入った。塀の修理を補強を兼ねて行うことになったが、苔むしたコンクリートの古い塀なの […]

PICTURE DIARY 1107WE2018

デザインの著作権について顧問弁護士の意見を聞く。自由にのびのびと仕事をして生きるのに必要なことを確かめる。

PICTURE DIARY 1007TU2018

故郷の街や村、田や畑に山や川、草花や木々、そして空に雲、虫や生き物を目に見える、触れることの出来る日用品のかたちで造り残す、使う、伝える。祖父や祖母、父、母、今はこの世に居ない人々の空気や佇まいを表し、携え、残す。

PICTURE DIARY 0907MO2018

水戸の文化デザイナー学院地下の喫茶店、60年代から変わらない雰囲気。フクロウのオブジェや置物などがコレクションされている。昔、このビルの7階にあったギャラリーの姉さんがマネージメントしている。静かな生き物のような椅子にふ […]