1月 2019

PICTURE DIARY 1801FR2019

茨城クラフアート初日。横綱稀勢の里、引退。伝統工芸品に携わるようになり、伝統の文化とは何かということに考えを廻らす機会が増えた。相撲は日本の国技とされる。相撲はスポーツではない。柔道も剣道も空手も薙刀も弓道も、ぼくにはス […]

PICTURE DIARY 1701TH2019

金箔、銀箔を貼り、剥落した箇所を補修する。墨をぼかし整え描き上げる。サインを入れ、梱包する。休みを取り、深夜の搬入に備える。

PICTURE DIARY 1601WE2019

茨城クラフアートのための絵を2枚描き進める。クラフアートの未来像の断片を拾い、絵にする。頭の中の遺跡から独自の物語が発掘され、古代と未来が現在形の融和を示し現す。古い、新しいということではない今から未来への必要必然な夢。 […]

PICTURE DIARY 1501TU2019

亡き友の息子に会う。未来との邂逅。

PICTURE DIARY 1401MO2019

昨日は買い物に行ったスーパーマーケットが内装工事中で、いつも買う品物がいつもの場所になく、場所自体も臨時に移動し全体が縮小され、訊ねると目当ての商品の取り扱いが休止になっている。いつもあるはずのモノがいつの間にか無くなる […]

PICTURE DIARY 1301SU2019

遊ぶというのが基本。遊びは真剣で邪気がない。遊びというのはいい加減なことではなく夢中になること。遊び方を教えるのが先に生まれた人の役目。個々の個性に合わせた遊び方がある。今思えば、学校には遊びに通っていた。しなければなら […]

PICTURE DIARY 1201SA2019

初雪。ナイスが不思議そうに見ている。50号の絵を2枚描き始める。新しい神話の2作品。太陽天使と遊ぶ一角天馬、薔薇の妖精と遊ぶ一角天馬。遊びは常に真剣な喜びに溢れて、全ての創造の源にある。苦しみや悲しみの創造は、遊びの対極 […]

PICTURE DIARY 1101FR2019

最近ドラムを叩くどころか触ってもいない。幼児の頃から叩くのが好きで、金槌を持って何でも叩いた。金槌で叩き壊した物は数知れない。ラジオや時計を壊したことを覚えている。父母がどう反応したかは記憶にない。許しはしないまでも、叱 […]

PICTURE DIARY 1001TH2019

時代の最先端は丸いというのが20代の頃からの持論だ。そして、今も変わらない。最先端が尖っていれば先鋭的で切れ味も鋭いだろうが、突かれれば痛いし、折れやすい。対して丸ければ球状の接点は尖っている場合と同じただ一点だが、突か […]

PICTURE DIARY 0901WE2019

水曜日はFMでTHE ALFEEの番組があり楽しみにしている。残念ながら今までALFEEの音楽に触れる機会が少なく、番組を通じて少しずつ理解を深めている。夢がテーマの番組であり、夢や希望を未来に対して抱くのは、アーティス […]