2月 2019

PICTURE DIARY 1602SA2019

新宿方面へ。パークタワーアトリウムで奈良を中心としたデザイン展、T・E・I・B・A・Nを見る。完成度と意識、認識の高さを見る。帰路、薔薇を買う。名をピンクレディブルーと言う。美しいものの宿命を想う。

PICTURE DIARY 1502FR2019

ててて見本市、青山スパイラルホール。手仕事と手技の数々のプレゼンテーションに、現在求めている、求められている事物の一端を識る。個から個へのプロダクションのやり取りは大きく広く加速するだろう。両者の間に、相思相愛なプロダク […]

PICTURE DIARY 1402TH2019

細かいことは気にしない?世界は細かいこと、そして宇宙は分子や原子や素粒子や、もっと細かいもので出来ている。細かいことの積み重ね、それ以外に何がある?小さくて大きな人間の役割。ひとつひとつ丁寧に、それぞれのやり方で。光の粒 […]

PICTURE DIARY 1302WE2019

一日を伸び伸びと健やかに過ごすには、なんといっても早寝早起き。なかなかそうはいかないのだが。

PICTURE DIARY 1202TU2019

時代の流れに沿うことはない。大きな流れに逆らうこともない。本流がどこにあり、どこへ流れて行くのか感じる。小さな流れは真っ直ぐには進まない。小石や草木や少しの段差で戸惑うように流れを変える。砂場で川を作って遊んだ頃、流した […]

PICTURE DIARY 1102MO2019

朝のうちスローモーションの雪。世は休日であるがASSISTANT Aに来てもらい仕事。Aのお陰で難しい仕事がほとんど片付く。明日のデータ渡しと明後日のミーティングに余裕が生まれる。

PICTURE DIARY 1002SU2019

気候のせいか眠い。日曜日は周辺の新築工事が休みなので、星のアトリエ界隈に本来の静けさが戻る。ふとアンデルセンの童話のことを考えていたら、塀の上を下手から猫が通る。どうやらその雌猫を追うように貫禄のある雄猫が続く。しばらく […]

PICTURE DIARY 0902SA2019

午後いっぱいを、1月に出来なかったことにあてる。毎日少しずつ出来ることもあれば、どうしてもまとまった時間が必要なこともある。今日の午後を逃すと3月になりそうで集中する。予報された大雪にはならず小雪が舞い、ほんのうっすら雪 […]

PICTURE DIARY 0802FR2019

OBANDOS今年初めてのライブ、下北沢440、「パンチの効いたブルース」と。「パンチ」には、パンチがボディに効くダメージの大きい曲、パンチドランカーになりそうな曲が幾つもある。経堂のドイツワインショップバーCASSIE […]

PICTURE DIARY 0702TH2019

昨日はまとまった雨が降り、土が潤い、気も和らぐ。心置き無く絵とデザインの世界に明け暮れる。