2月 2019

PICTURE DIARY 0602WE2019

連絡もなく約束の時間に遅れる人がいる。朝のスタートにつまずき一日追われる感じ。リカバリーが仕事になる。夕方にペースを戻すが、力量器量が試される。表に現してはいけない内側のことのひとつ。遅い、遅れるは本当に困りもの。

PICTURE DIARY 0502TU2019

更に絵を描く。絵を描く以外のことがもどかしい。

PICTURE DIARY 0402MO2019

春節を迎えて、終日スケッチ、そして絵を描く。

PICTURE DIARY 0302SU2019

節分。旧正月大晦日。GONTITIアコースティックコンサート、紀尾井ホールにて。三上さんの解説によると、欧州の外国人を父に、日本人を母に生まれた混血のミューズ、中川紀尾井ホール夫人を記念した建物であるという説明になる。松 […]

PICTURE DIARY 0202SA2019

かな料紙、小室さんの展覧会をたずねる。かわめさんの花と共に展示され、古の野の風情とかほり漂う。ホテルニューオータニ、伊勢丹の丹青会。旧友の生駒さんがデザインとプロデュースをするHIRUMEが出店。伝統文化と伝統工芸品の先 […]

PICTURE DIARY 0102FR2019

出張先の道中で同行スタッフと昼食。午後一の打ち合わせなので、訪問先の近所でということになったが、約束の時間も迫っていることもあり、ままよと入った店が外の様子から察した通り、肉体労働には圧倒的にありがたいボリューム満点の食 […]

PICTURE DIARY 3101TH2019

久し振りのまとまった雨。草木も喜んでいる。雪になるか。

PICTURE DIARY 3001WE2019

ついに納豆をミキサーにかけてパフェのようにしてみた。糸を引くクリームは、水戸生まれの納豆で育った人間に、新しい食感を与えると同時に、感動と微笑みをもたらした。今まで試さなかったのが不思議だ。工夫次第でもっと良くなるだろう […]

PICTURE DIARY 2901TU2019

誇りのイメージと実際とに折り合いを付ける。計画の組み立てに静寂が要る。誉れに実相を与え、証として具体化する。

PICTURE DIARY 2801MO2019

平間至写真展、新宿のニコンサロン、THE GALLERY最終日。僕が被写体となった写真も展覧されている。嬉しく照れ臭い。平間写真の捉えた僕が、プリントになりこちらを見ている。知らない自分。僕の知らない僕を見せてくれてあり […]