5月 2019

PICTURE DIARY 1805SA2019

新しいゲームを考案するがそれはゲームと呼びたくはない。競うものではなく、楽しみ喜び愛でるものとして遊ぶ。参加者は順番に貝殻と珊瑚の駒、しかし駒と言いたくはない。その貝殻と珊瑚を動かすが、それは海岸で拾い、預かったもの。勝 […]

PICTURE DIARY 1705FR2019

アナオリカーボンの主催でBeaute Seven昼食会。青山のステーキハウスHACHIにて。カーボン素材調理器具の底力を垣間見る。松村さんのアテンド、プロダクトデザイナー川合さんも同席する。美味しい。

PICTURE DIARY 1605TH2019

変哲無い展覧会DMも、展覧作品の重要な一部だ。

PICTURE DIARY 1505WE2019

星のアトリエのオレンジ色の薔薇が香り高く咲く。苺の鉢にも小さな実が付く。苺の香りが仄かに漂う。どちらが好きか、どちらの香りが強いかではなく、二つの香りが融け合い美しく、星のアトリエのエントランスがとてもすてきだ。

PICTURE DIARY 1405TU2019

朝から雨。雨の日らしく穴の奥に引きこもり、薄暗がりからぼんやりと外の様子を窺うような気分で過ごす。晴れの日と雨の日とでは作品の全てが変化するので、予定していた作品の製作は明日にして、今日に相応しい作品に取りかかる。

PICTURE DIARY 1305MO2019

単純で素朴なものが好き。複雑で多重なものが好き。両者で混成なものが好き。そこに気高いものがある。

PICTURE DIARY 1205SU2019

コンディションの調整に使う気持ちと時間が長くなる。体調は勿論のこと、画材のコンディションも一定ではない。具体的な仕事に向かう時間以外の生活の質の捉え方過ごし方が大切になる。見たい展覧会や行きたい催しが毎日のようにある。自 […]

PICTURE DIARY 1105SA2019

展覧会が近くなる。ここから更に集中する。今日は暑いくらいで、陽に輝く小さな庭の緑が一回りも二回りも大きくなったように見える。陽に向かう自然の勢いに乗りつられ、一日が弾んでいる。夕方、木々の葉を散水して洗い、鎮める。

PICTURE DIARY 1005FR2019

予定することが予定のようには進まない。以前なら短気が顔を出し、周囲に不快な空気を振りまいていただろうが、昨今多少は制御出来る自分がいる。威張った内弁慶がそんな風に省みれるようになった。

PICTURE DIARY 0905FR2019

久し振りに訪れた美術館では来年の展覧会企画が進みつつある。伝統工芸士、京友禅作家の石山 修氏が監修し参加する展覧会を見る。良いものは良いし、面白いものは面白いという以外にない。原初的な視点と作風が永遠を携える。てらいの無 […]