6月 2019

PICTURE DIARY 1706MO2019

多くの人と古代への旅をした。ギャラリーの中で象徴的に、ミニマムに表した自然界の様相から感じるひとときに、この星のこの場所から生まれた青いユニサスの気儘な飛行を見るのだとしたら、あなたも風変りな古代人です。

PICTURE DIARY 1606SU2019

展覧会楽日。古代人が帰って行く。

PICTURE DIARY 1506SA2019

ぼくらは太古から連なる時間の中に生きている。時間の流れはひとつきりではなく、過去も現在も未来も同時に存在している。いつも人間が決めたことは厄介だ。

PICTURE DIARY 1406FR2019

ナイスは王様が呼んでも絶対来ない。呼ぶならこっちに来てと言う王子様。アリスは呼ぶと遠回りし時間をかけて来る。そして抱っこと言う姫様。王様は召使いと兼任。

PICTURE DIARY 1306TH2019

橘流の若き書家、吉也さんから文字の縁起について。聞けば聞くほど当たり前に面白い。朱鏡とは文字の間に魔が入り込まないように朱を刺すこと。文字に髭を付ける時には三、五、七と割り切れない吉数にして仲をさかないように願うこと。文 […]

PICTURE DIARY 1206WE2019

着物の帯の話から源氏物語絵巻、山口伊太郎さんの話題になる。京都の西陣とフランスのリヨンの関係のこと。ギメ東洋美術館のこと、美についての厳しさ奥深さ歴史に触れ、この道の果てしの無い永さに目眩さえする。今識る時。

PICTURE DIARY 1106TU2019

雨が続き、洞窟の生活をしていたが、曇りならばと届け物。動くと思いがけないことがある。会うべき人に会う必然偶然。何かしてみようと思うことの傍らには、予想外の意味が隠されている。

PICTURE DIARY 1006MO2019

雨。ASSISTANT Aが星のアトリエに来るが、自転車で上から下まで濡れネズミ。今日はバスに乗りたくなかったと言う。いつものことだが勇ましい。着ていたら乾きます、と頑張るが着替えを出して何とか着替える。レインコートなど […]

PICTURE DIARY 0906SU2019

いかにも梅雨らしい天気。湿度の高い絵を描くに良い。乾燥した時に湿度を求める絵を描くのも良い。しかし、その違いは大きい。朝、大好きなアジアさんから写真画像が送られて来る。前触れのない美しい贈り物に、心和み引き締まる。

PICTURE DIARY 0806SA2019

安齋 肇さんのトークイベント「空耳人生友の会」ゲスト出演。ぼくのプロファイルを題材に90分。3分の1辺りで時間いっぱい。普段なら2人で会ってもしないような内容の話になり面白かった。旧友とは言え、お互いに知らないことが多い […]