8月 2019

PICTURE DIARY 1808SU2019

面相筆で一定の線を引く。雑念が入ると乱れるが、今日は雑念だらけ。憂うべきは心の貧しさ。

PICTURE DIARY 1708SA2019

鏡の中に、嘘偽のない自分がいる。鏡という、全てを映し反射するマテリアルは、表現する者にとり、重要な意味と役割を持つ。鏡の反射の背後の真実。ナルシスが見とれたのは反射そのものの美しさ。反射に対しどのように反射するか。

CURONECOMIC 113

PICTURE DIARY 1608FR2019

盆送り火。立秋を境に残暑と言うが、盆が過ぎると秋の気配を感じ、欲しい食べ物も変わる。あらゆるものが変化し始める、体や考え方も。自然の力は大きい。人は人の苦しむことをしてはならない。

PICTURE DIARY 1508TH2019

終戦の日。勝ちや負けを語り、論じ評価することは難しい。戦いに勝つというのは誇らしいことか。戦いに負けるというのは無念なことか。次元も意識も違う同士が出会うとき、どのようにお互いを理解しようとするのか。理解は必要なことなの […]

PICTURE DIARY 1408WE2019

台風10号の接近に伴い断続的な雨。風は今のところそれほど強くはない。お盆の帰省と重なり、交通機関に規制や混乱がある。嵐が来たら自然界の動物たちのように、安全な自分の場所でじっとする。

PICTURE DIARY 1308TU2019

盆迎え火。何事も成就するに相応しい時と様相があるものだ。時を費やし、変化しながら進むが、状況が整わず、よほど強い力が無い限り、本筋本道には戻らない。還る必要は無いが、弱さで創造してはならない。

PICTURE DIARY 1208MO2019

俄雨降る。アスファルトやコンクリート、草花や木々、土が雨粒を吸い込む音が聴こえる。香り立つ雨のリズムが、捕らえ切れない即興のダンスを振り付ける。水の旅路のひとこま。

PICTURE DIARY 11108SU2019

昨日は夜更し、今日も暑さ厳しく、足元から熔けるように過ごす。農園にお願いしたブルーベリーやトウモロコシが配達されて、田園の空気と共に届く。胸いっぱい吸い込み、口いっぱい頬張り、精いっぱい味わう。

PICTURE DIARY 1008SA2019

西麻布、「新世界」にてOBANDOSライブ出演。主催のDANBALL BATに呼ばれて。もう一つのバンド、BARAMONと共に。DANBALL BATの名曲「こわれたカセットはAOR」、BARAMONがハードにカバーして […]