2月 2020

PICTURE DIARY 1702MO2020

BeauteSeven旧暦新年会。麻布十番のフランス料理店Courageにて。美味しい料理と美味しい話。いつでも美味しいものには注意。やはり少量が良い。

PICTURE DIARY 1602SU2020

行き付けのケーキ店女性マネージャーとの話し。バレンタインデーよりホワイトデーの方が忙しいのよという。バレンタインデーはチョコレートに集中して準備すれば良いけど、ホワイトデーはケーキ、クッキー、タルト、マカロン等々、全般の […]

CURONECOMIC 139

PICTURE DIARY 1502SA2020

今年ほど梅を愛しく感じる年もない。弛みのない自然の営みに心を寄せて。

PICTURE DIARY 1402FR2020

恋心を届ける日。チョコレートに託した想いと、チョコレート自体には義理という文字はない。当日は、あくまでも任務を持つ実体だ。美しい箱入りのチョコレートは宝石、アクセサリーだと言える。眺める、飾るだけのものでなく、食べ、味わ […]

PICTURE DIARY 1302TH2020

アトリエの手水に水を飲みに来る鳥と猫だが、その光景はいつ見ても微笑ましい。鳥は猫が居ないのを念入りにたしかめて水を飲むが、おもむろに手水に飛び込み、派手な水飛沫を上げて、たいそう気持ち良さそうに水浴びする。羽根を整え、く […]

PICTURE DIARY 1202WE2020

星のアトリエにオリーブの木が来る。大きな素焼の鉢に入れてサンルームの玄関扉前に。これでやっと隣に出来た集合住宅の窓の目隠しになる。

PICTURE DIARY 1102TU2020

鳥がやって来て梅の木の高い所に止まり、頭を右へ左へ上へ下へ斜めに横に細かく動かす。梅の木の一段低い枝に降りて、また同じ動作を繰り返す。さらに下の枝に移り、頭のランダムな動きを一通り行い、やっと土の上に降り、頭の動きは変わ […]

PICTURE DIARY 1002MO2020

仕事終わりに玉露をいただく。一煎目の甘露。二煎目の落ち着き方も好きだ。好物の煎餅と。茶談義に花が咲く。花香る春近し。

PICTURE DIARY 0902SU2020

鍋焼うどんを食べる。冬になると食べたいと思う品のひとつ。そんな日がある。今日がその日。温まる。