4月 2020

PICTURE DIARY 1804SA2020

春の嵐。小降りになるのを待つかのように、番の鳩が庭に降り、豆をついばむ。さすがにこの激しい雨では野良猫は来ないだろう、と知っているのか。鳩は雨でも氣にしないものなのか。腹はへる。こちらは大した仕事もせず一日が過ぎ。腹はへ […]

PICTURE DIARY 1704FR2020

嫌だと思うことはしなくてよい。貴重な人生を送る一人の動物だから。

MIC*NURIE-008

普通の日々が戻るまで、時間があるときの楽しみのために。 ミック・イタヤ ▶︎画像はこちらからダウンロードしてください/DL click here   ミック・イタヤから”ぬりえ“をお届けいたします。 ダウンロー […]

PICTURE DIARY 1604TH2020

本棚を整理したら数独の本が出て来た。極端に脳の半分しか使っていない僕には、もう半分を鍛えるためにはちょうど良い。しかし誰かの話で、天才少年の脳のバランスを調整したら、見事に普通の少年になったというのを聞いた。今更ながら。

PICTURE DIARY 1504WE2020

日々、世界中で色々なことが起きている。僕らはそれぞれの場所に居て、それぞれ生きている。カーテンを開けて太陽の光を感じ、雨音にリズムを刻み、頬を撫でる風と花の香りに季節を想い、一杯のお茶にホッと息をつく。毎日、世界中で色々 […]

PICTURE DIARY 1404TU2020

FUTURE NATURE。星のアトリエにこもり考えること、未来と自然の関係について。描く絵は、心や氣持ち、魂、精神の所在を示そうとする。この惑星と宇宙に存在するものとして、愛、自然、未来の核心に氣付き、虚を棄て実を取り […]

PICTURE DIARY 1304MO2020

20年以上も経つだろうか、今では世界的に有名な服飾メーカーの依頼で、企業イメージキャンペーンをプレゼンテーションした。服作りやファッションの究極は、いかなる環境の変化にも対応した¨皮膚のように着用感の無い宇宙服¨であり、 […]

PICTURE DIARY 1204SU2020

ポップでキャッチーでセンチメンタルは昨日の最新流行、そして今日の空虚。では明日は?

CURONECOMIC 147

PICTURE DIARY 1104SA2020

アトリエにこもり、もうすぐ二週間が過ぎようとしている。自分たちが今何をすべきか、すべきでないかを知れば迷いはない。何者かに従うでもなく、逆らうでもなく、感じる世界に目を向け微笑む。