5月 2020

PICTURE DIARY 1905TU2020

地味に色々な事柄が動き出す今日。操ることも、操られることもない、自然な流れの日々。

PICTURE DIARY 1805MO2020

氣が付くと背中が丸く猫背になっている。意識して正すが基本的に猫背には違いない。猫好きで猫背というのはなんとなく納得だが、犬好きには猫背が似合わない感じがある。毎日色々なことが脳裡に浮かんでは消えるが、そのうちの些末な典型 […]

PICTURE DIARY 1705SU2020

数年前、合氣道の道場に通い、人の持つ力の神秘、秘密に触れた。合氣とは愛なり。敵そのものを無くする絶対的自己完成の道なり、とは合氣道の精神。

CURONECOMIC 152

PICTURE DIARY 1605SA2020

渋谷のスクランブル交差点を車で通過。人は少なかった。思ったよりも多いという意見もあったが、今までの人の多さが異常に感じられる。バスも電車も高速道路も飛行機も満員以上の密度だったから。世界中で1年のうちの1ヶ月間を在宅月間 […]

PICTURE DIARY 1505FR2020

NEW MYTH、描き続けている「新しい神話」という作品シリーズがある。なかでもVENUSは、繰り返し同じ構図で描いてきたモチーフだが、また何枚か描こうと思う。今必要だと感じる。

MIC*NURIE-012

普通の日々が戻るまで、時間があるときの楽しみのために。 ミック・イタヤ ▶︎画像はこちらからダウンロードしてください/DL click here   ミック・イタヤから”ぬりえ“をお届けいたします。 ダウンロー […]

PICTURE DIARY 1405TH2020

この数日、見る夢の質に量感がある。さらりと軽妙な展開も感覚も影を潜め、精緻なリアリズムで構築される。キャスティングは理解出来るとして、それにしても出て来る異様なセットや不思議な小道具類は、製作したり仕入れた記憶は無いのだ […]

PICTURE DIARY 1305WE2020

バルバラを聴きながら、マヌーとコクリコ夫妻との日々を想う。福生時代はふたりのハウスで、アレスキーやムスタキを聴きながら、果てしの無い夜を過ごしたものだ。音楽が奏でるものは、心の奥底にある言葉では表せない空氣と時間の流れの […]

PICTURE DIARY 1205TU2020

アシスタントA、約1ヶ月半振りにアトリエに来る。テレワークでは出来ない仕事をする。人が入れた茶を飲んだり菓子を食べたりも久し振りと屈託無く笑い合う。