7月 2020

PICTURE DIARY 1007FR2020

やっと大仕事が一段落。各メゾンのコレクションが始まり色々な工夫が見られる。曲がり角に来たら左右はもちろん上下にも氣を付けて耳を澄ます。一段落した仕事も二段目からが本番。普段は聴こえない声を聴く。言葉を超え心地好い。

PICTURE DIARY 0907TH2020

ブラームスのピアノ曲を聴く。子供時分、家族の生活と学資のために弾いていた、酒場や宿屋の残照と埃っぽい空気。旅芸人の気儘、高貴と下世話の類希な音色が心地好く、その人となりが現れ、関わりのあった人々の名が浮かんでは消える。シ […]

PICTURE DIARY 0807WE2020

大雨。人類の問題が自然界に反映している。

PICTURE DIARY 0707TU2020

七夕はいつも雨。雨雲の上で逢瀬の織姫と彦星。

PICTURE DIARY 0607MO2020

銀行、郵便局、役所など廻る。電話や窓口の対応の様子で分かることは多い。

PICTURE DIARY 0507SU2020

叔父さんは特別だね。ジャック・タチの映画「ぼくの伯父さん」、いつか映画を撮ることがあるならジャック・タチのような。そう思う人は多いかも知れないけど、とてもとても。なかでも「プレイタイム」は輪をかけて凄い映画。叔父さんたち […]

CURONECOMIC 159

PICTURE DIARY 0407SA2020

先日深夜、隕石と思われる大きな火球が空を横切り、千葉方面に落下したのではと言う。地球に墜ちて来た男か女か、性別はあるのかないのか。宇宙人を差別しないようにしなければならない。宇宙人に差別という概念はない。

PICTURE DIARY 0307FR2020

テレワーク中のアシスタントA、午後2時間程、星のアトリエに来る。開口一番髪を切りました!と元氣良い。黒いニット帽とマスク、黒縁の眼鏡を外すと可愛らしいマッシュルームになっているが、やおら、虎刈りになった!と刈り上げた襟足 […]

PICTURE DIARY 0207TH2020

マスクをして生活している。人が衣をまとうようになるのはどうしてだったのだろう。環境変化、古代宗教、ヒエラルヒー、理由は色々あるだろう。現代人は無毛に近いが、果たして全身を覆っていた体毛が、着衣による退化、あるいは進化によ […]