9月 2020

PICTURE DIARY 1809FR2020

子供時分には良さが分からず、食べる必要もなく、子供には不味くて食べられないものがあったように、大人にならないと分からない言葉があるものだ。今だから理解できる言葉に再会するこの頃。

PICTURE DIARY 1709TH2020

コンラン卿が亡くなり、小さな男の子が持つ夢のことを想う。子供の頃は、夢の中に生きる時間をたくさん持ち、未だ見ぬ世界を自在に往き来し、日夜冒険に余念なく、空想の世界に笑い、泣き、怒り、途方に暮れながら勇氣を奮い起こしていた […]

PICTURE DIARY 1609WE2020

一日中眠る。子供のころのように眠い。タオルケットにくるまり、猫と同じように眠る。

PICTURE DIARY 1509TU2020

この世情、自己を押さえ込み過ぎて、自家中毒の発生に注意。発酵ブームが続いているとは言え、食えなければ仕方がない。

PICTURE DIARY 1409MO2020

近年、伝統工芸品のデザインや展覧会に関わりを持ち、意義深い仕事をする機会を得て痛感したのは、伝統工芸品について知識のある人はもちろん、知識も興味もない人を含め、どのようにその存在を知らせ、手に取る機会を作り、使用イメージ […]

CURONECOMIC 169

PICTURE DIARY 1309SU2020

常備品のひとつ、生姜ジャム。夏は炭酸水でジンジャーエール、今はパンと共に、あるいは料理に加えたり。寒くなり始めれば生姜湯にする。適量の蜂蜜で甘味は抑え、他はレモン果汁のみ。ゆっくりと煮る。身体が夏を追い出し、冬の準備に入 […]

PICTURE DIARY 1209SA2020

平年並みの氣温だという。降ったり止んだり雨模様。ゆっくり休む。ほとんど寝て過ごす。眠りがいちばん。

PICTURE DIARY 1109FR2020

日本。世界との交わり方には考えと工夫が要る。色々な時代を経て現在がある。文明開化や明治維新までは、乱があっても比較的平和な島国だった。大陸の陸続きの波動ではなく海に囲まれた分、ゆったりしているのが本来の姿だろう。海外に肩 […]

PICTURE DIARY 1009TH2020

受け継いだ、本当に価値のあるものに目を向け次の世代に渡す。自分たちが受け継いで来たものが何であるか目を凝らし、耳を澄まして、匂いを嗅いで、味わって、触れて確める。その場を取り繕うだけの無駄は消える。