12月 2020

PICTURE DIARY 1912SA2020

砂利道を掃除していると、急に霰が降り始めた。白い天使は小石の上でぴょんぴょん跳ね、暫くすると溶けて、丸い水跡を残し小石の中に消えた。通りかかった散歩の犬が、黒く光った毛並みの表面に白い天使を遊ばせ、鼻を鳴らす。その鼻先に […]

PICTURE DIARY 1812FR2020

朝から少し間合いがずれる日。やはり朝起きたときが肝心。ひよこが生まれて最初に見たものを親と定めるかのように、朝の氣分や出来事が一日を支配し、決定付けることが多い。

PICTURE DIARY 1712TH2020

来年はどんな年になるだろう。どんな年に出来るだろう。どんな年にしよう。計画や氣持ちが、いつもの年末と違う。自分が出来ること、人の役に立つこととは。

PICTURE DIARY 1612WE2020

ベートーべンの誕生日。モーツァルトと共に、とても世話になっている。星のアトリエで聴かない日はない。

PICTURE DIARY 1512TU2020

創庫に入れる前に作品の掃除や確認など。アトリエに還って来た作品を手入れしていると、どこか優しく誇らしげな安心感に包まれる。

PICTURE DIARY 1412MO2020

星のアトリエ入口への小路は砂利道だ。この季節の掃き掃除は、風に枯葉が次々枝から離れ、舞うにまかせて、適当な案配に残し掃き取る。砂利が地面にめり込むように埋まっているのは少々氣になる。小石がフワッと浮いて立体感を保ち、踏み […]

CURONECOMIC 182

PICTURE DIARY 1312SU2020

以前、森雪之丞さんとの共著「天使」という詩画集を出版した。今日来廊し、その「天使」を持参した女性にサインを求められた。久し振りに手に取って見ると、懐かしさよりも今を感じ、しばし見入った。永遠が記されている。早速、雪之丞さ […]

PICTURE DIARY 1212SA2020

小さな時から勉強が嫌いだ。算数、理科、社会等々。やれば出来るはずなのに、と言われ続けながら。歳を得て必要なことを自然に身に付けている。自ら好きで夢中になることの傍らで、知らず知らずに学んでいる。

PICTURE DIARY 1112FR2020

自分の絵が一同に会し、見る機会は少ない。展覧会場に架けられた作品の数々を、何氣なく見ることが出来るようになるまで時間がかかる。場の空氣や、見る人の目が絵を磨く。自分の目が他人の目になる。