1月 2021

PICTURE DIARY 1901TU2021

5月開催予定の展覧会準備に入っている。作品製作や選定をしながら、過去と現在と未来に向き合う。いつでも未来はその先の未来からやって来る。美しいイメージを具体化し、視覚化し未来へつなげる。未来も過去もねじれた現在に切り取られ […]


PICTURE DIARY 1801MO2021

手水の水を替えるとすぐに鳥や猫がやって来る。今朝はつがいの頬白がやって来て代わる代わる喉を潤した。すると少しの時間差で野良の雉猫がそそくさと水を飲み、固いつぼみを付けた梅の木から塀に跳び乗り、悠然と視界から去って行った。 […]


CURONECOMIC 187


PICTURE DIARY 1701SU2021

人間に冬眠の習性は無いが、冬眠を考える。必要な食料を蓄えて巣穴に籠り、暖かく安全な春を待つ。冬眠の方法は経験が無いので熊やいたちに聞く。ここを乗り切るには、分かりやすく参加しやすく納得のいく仕組みがあるとよい。リスやコウ […]


PICTURE DIARY 1601SA2021

神社境内の日向に座る。絵馬が風に揺れてからころ音をたてる。目を閉じてじっとしていると、願いが風に抱かれ、光に融け込み、踊り跳ねながら成就に向かうのが見えるようだ。正殿では柏手の音が様々な人々の詣でを表し、氏神様が静かに聞 […]


PICTURE DIARY 1501FR2021

すべての存在は表裏一体をなしている。自然や宇宙しかり。物体も思想も物理も化学も歴史も人物も何もかも。表を見るなら裏も見る。わかる、わからない。何か感じることがあるとすれば、それこそが存在の本質。


PICTURE DIARY 1401TH2021

夢というのは、認識している日常と平行し同時進行する、隣り合う世界の出来事が交差して現れたもののような氣がする。


PICTURE DIARY 1301WE2021

以前は、寝しなに思い付く素晴らしいアイデアがあって、枕元にはいつもメモ帳とペンを置いていたが、最近はあっという間に眠ってしまうので何かを思い付く暇もない。眠ると面白い夢を見るので、起きたら記そうと思うが、面白かったという […]


PICTURE DIARY 1201TU2021

生きるのに近道も抜道もない。出発点も終着点もない。あるのは心だけ。


PICTURE DIARY 1101MO2021

成人の日は1月15日。福生のハウスから多摩美に通っていた。福生市から式典の案内が来ていたが出席はしなかった。友人たちと祝ったかどうかなど記憶は無い。酒も煙草も身近に有り、二十歳の成人を祝う意味を感じなかったような氣がする […]


CURONECOMIC 186


PICTURE DIARY 1001SU2021

二匹の猫たちの部屋は、二階南側で一番陽当たりが良い。ソファーと仕事用の組立式のテーブル、工具等があり、主は猫の手も借りたいような仕事にも使う。猫たちは主が大切な仕事をしていることが判るらしく、邪魔はしない。絵などの作品が […]


PICTURE DIARY 0901SA2021

この冬三度目の鍋焼うどん。寒い夜の定番である。細い身体なので、寒さも暑さもこたえる。春や秋が最良の季節だが、近年それが有るのやら無いのやら。少しは筋肉を付けるか。


PICTURE DIARY 0801FR2021

東京に昨日、緊急事態宣言が発出された。世の不自由は続く。星のアトリエの日常は、主の仕事が元来引きこもり氣味で、日頃多くの人に会うのを好まないため一見大きな変化はない。大作に取り組み、製作出来る場所まで自由に往来できないこ […]


PICTURE DIARY 0701TH2021

七草粥。身体に優しく芯から温まる。窓。壁に意図的に開けた穴。穴は覗きたくなるものだ。絵画も写真も画面も窓には光や灯りが付き物。粥を食べながら窓外の暗がりに光を探す。月星の明かりが窓の外から粥を覗き込んでいる。


PICTURE DIARY 0601WE2021

霧は幻想的で素敵だが、すーっと霧が晴れたように生きたい。霧や霞がかかった世界は時々でよい。


PICTURE DIARY 0501TU2021

仕事始め。「花の妖精」のと「街角風景」のペン画を数点描く。他に雑誌連載の8ページ分。年賀葉書返信用の絵など。


CURONECOMIC 185


PICTURE DIARY 0401MO2021

計画を立てるが人に伝えるのが苦手なところがある。自己完結しがちな性格には困る。言ったつもり、伝えたつもりでいる。そこにせっかちが輪をかけて、思い付くと目的めがけて矢のように飛んで行く。周りを見てよく考え、冷静に。


PICTURE DIARY 0301SU2021

描き初め「太陽天使」を描く。同じモチーフを描いても当然毎年毎回違う。今年も淡々と違いを積み重ねる。旅のスケッチを6枚描く。どこで何をしていようが人生は旅。旅の徒然。


PICTURE DIARY 0201SA2021

何となく棚にあるファイリング前のスケッチや資料を取り出す。見ているうちに分類し始め、ファイルにまとめだす。忘れ去られた遺跡の発掘隊が掘り出すものは、創作史的な価値があると思えるあれこれ。なぜ?と首をかしげたくなるものの数 […]


PICTURE DIARY 0101FR2021

初日を浴びる。光の圧倒的な実。虚と実。映像の日の出は虚である。実があるから虚に対応出来る。実を取り、調和を図る新年。一年の計。


PICTURE DIARY 3112TH2020

ラジオから懐かしい音楽が流れる。ラジオを聴かなければ、懐かしい曲に出会う機会は少なく、懐かしいと感じる心も開かない。童謡や民謡、歌謡曲、色々。師走大晦日の選曲は、明るく感傷に耽ることが出来るように、暗黙の工夫がなされてい […]


PICTURE DIARY 3012WE2020

諸々やっと一段落。少しは余裕を持って年を越し、新しい年を迎えることが出来そうだ。無邪氣に笑い合い、互いに肩を抱いて喜びを共にする日を願いながら。


PICTURE DIARY 2912TU2020

70’年代のサウンドを聴いていると、グルーヴィなノリに惹かれる。ラフでノーブルでハイセンス、ハードでデリケート。圧倒的な華と色気。コンピューターやデータに支配を許し、思い切りや大胆、やんちゃが影を潜め平均化し […]


PICTURE DIARY 2812MO2020

冬用のタイヤに替える。門松を飾り鏡餅を供え、年越しの準備のあれこれ。細やかであり大きなグルーヴを生む年末の譜面。ビバーチェ。


CURONECOMIC 184


PICTURE DIARY 2712SU2020

冬至を界に風の時代に入ったという。それを識り、感じる人々が新しい時代を担うだろう。風にまつわる言葉や出来事、役割を考える。風の吹く街に生きて。


PICTURE DIARY 2612SA2020

亡き人々の意志に沿って生きる活かす変化する。


PICTURE DIARY 2512FR2020

いばらきデザインセレクション表彰式。水戸にて。選考委員として出席する。念入りな感染予防対策に担当スタッフの心遣いや緊張を感じる。速やかに段取り好く、予定した半分程の時間で終了する。デザインの質は上がったが、平均化も進んで […]


PICTURE DIARY 2412TH2020

クリスマスイブ。何かとても大切なことに氣付かないまま生きているような氣がする。危ういこの世界。


PICTURE DIARY 2312WE2020

スキップして帰る。最近したことがない。けんけん跳びも。


PICTURE DIARY 2212TU2020

風を切って走る。いつも音楽が聴こえる。


PICTURE DIARY 2112MO2020

乙女の肖像画、混合した画材の相性で、絵具がカンバスから剥離する。表情が予期せぬものになり新しい。剥がれ落ちた仮面のように、絵具の下に潜んだ顔が、乙女の本性を感じさせるようだ。今加える筆は無い。


CURONECOMIC 183


PICTURE DIARY 2012SU2020

終わりは始まり。長年続けたことを止めるとしても、後を引き継ぐ者が居るように進められればよい。はたからどう見えるかは関係なく、して来たことを止めても必ず続きがある。今日、旧知の美容師がサロンを弟子に託し東京を離れた。時々戻 […]