3月 2021

PICTURE DIARY 1903FR2021

夜、寝しなのうつつから夢の世界の入口へと、扉も何の標もない安寧に漂うひと時、説明であるようなないような氣ままな絵を添えた、この絵日記は日々雑感、備忘録という趣で記している。その日その時、素直に記憶の淵や心の奥底から意識の […]

PICTURE DIARY 1803TH2021

心配性は”心配症”という病気だという。何にせよ病気ということなら、治療法や治療薬があるのだろうが、貧乏性も”貧乏症”という病気なら、治療法と治療薬を知りたいし欲しいものだ。

PICTURE DIARY 1703WE2021

昭和20年の今日、伯父が硫黄島で戦死した。無事復員すれば、板谷材木店の三代目を継ぐ長男であった。板谷家には墓石の上から水を掛ける慣わしは無いが、伯父の弔いの時だけは「あつかっただろう」と語りかけながら、たっぷりの水を注ぐ […]

PICTURE DIARY 1603TU2021

昔から近い世界に棲み、氣付く機会も出会うことも無く。ここ数年、ふと出会い言葉を交わすようになり、共に仕事をしたり、コンサートに出掛けたりする仲間になった。一回り近い下の世代。美を分かち合う話の出来る友の存在は、心から嬉し […]

PICTURE DIARY 1503MO2021

美しいや綺麗という言葉は軽くない、重くもない。天使や神の存在と同じで素直に直感的に感じる、浮遊感のある心の自由と豊かさから生まれる。口に出さなくても伝わるたをやかな言葉は好き。

CURONECOMIC 195

PICTURE DIARY 1403SU2021

朝早くから活動する。あれしてこれしてと日曜日らしくなく予定を並べるが、結局手紙一つに。書いた何通かの手紙は、メールとは異なる生き物のレトリック。頭で考えた言葉と、手の動きが示す文字の関係は、書き違えたり崩れたり、時にギク […]

PICTURE DIARY 1303SA2021

ぼんやりと、風の匂いを嗅ぐ犬のように過ごす。春の訪れにも情緒無く、何とか趣を見付け出そうと、氣持ちは草土の上に腹這い昼寝する。

PICTURE DIARY 1203FR2021

アストル・ピアソラ、1921年3月11日生まれ。先の震災から10年経った昨日、生誕100年を迎えた。クラシックギター奏者、鈴木大介さんがピアソラの曲”Milonga del Angel”をYout […]

PICTURE DIARY 1103TH2021

10年目の3月11日。地震の列島。同じことを繰り返さないための準備と行動。平和のために。