‘PICTURE DIARY’

PICTURE DIARY 2011TH2014

寒く冷たい雨の午後、夕方まで打ち合わせ。大きな問題も無く全て順調。しかし、今日のように急に一段と寒くなって、しかも雨にしとしと降られると、盛り上がろうとする気持ちにもややブレーキがかかる。タワーレコードでPINK FLO […]

PICTURE DIARY 1911WE2014

クロネコのアリスは女の子。お転婆なお姫様。そんなお姫様をつかまえて何なのだが、トイレをお使いになった後、砂をおかけにならない。まず、砂がその可愛い指の間にはまるのがお嫌らしい。砂の上に乗るのもお好みではないので、トイレの […]

PICTURE DIARY 1811TU2014

行き付けのお蕎麦屋のご主人に道でばったり会ったけど、店で見馴れたいつもの白い格好では無く、黒いダウンジャケットを着て自転車に乗っているものだから、声を掛けられなければ分からない。決まった服、あるいは制服と言うやつは強力だ […]

PICTURE DIARY 1711MO2014

今見たいもののうちの重要なひとつ。モーリス・ベジャールのバレエ団は、ベジャールの指名によりその遺志を若きジル・ロマンが引き継いでいる。モーリス・ベジャール程の個性も人格も際立った人物の跡を継ぐと言うのは並大抵のことではな […]

PICTURE DIARY 1611SU2014

仕事の段取りや、作品の製作について考えを巡らす。そろそろ考える段階を終えて、実作業に移る頃。ゆっくりと歩くように走り出す。

PICTURE DIARY 1511SA2014

蔵前の「かきもり」と言う文房具の店へ行く。monoマガジンの取材で自分用のノートを作る企画。12時の開店前にお邪魔して、まずは説明を受ける。表紙、中身、コイル、留め具と、大まかに4つのパーツから成る。それぞれに幾つかの種 […]

PICTURE DIARY 1411FR2014

吉川忠英さんのギター、いいな。たまたま出先でCDを聴いてしみじみと思う。来年都内でも小さなステージがあるというので、予定が合えば行こう。人に言わせると、近くのステージよりも、ドライブがてら車で1〜2時間かかる近郊の方が気 […]

PICTURE DIARY 1311TH2014

知り合いの店が引越して、星のアトリエから程近い処に開店した。行き付けのお蕎麦屋さんへの道筋の手前にあるのは具合がいい。通りがかりに立ち話をして、月曜日に開けたと聞いた。厨房のレイアウトが前の店と全然違うので、初日は混乱し […]

PICTURE DIARY 1211WE2014

福助社の展示会に行って、とりどりの靴下を見て廻ると、やはりお洒落は足元からだなと思う。靴を差し置いて、と言うより靴は勿論のこと、男性のズボン丈が短めな昨今、着座の折、あるいは立ち歩いている時の靴とズボンの裾から覗く靴下の […]

PICTURE DIARY 1111TU2014

友人のK男爵から、彼の編集した本が届く。開くと、ぼくの知らない、そして知りたい世界がインクの匂いと共に立ち上る。ファッションとスタイルの最前線を旅してる。ページからページへ、素敵な便りに時を忘れ入り込む、暫し冒険旅行を共 […]