‘PICTURE DIARY’

PICTURE DIARY 0502SU2017

とにかくスケッチを描く。少ない線で。夕方小さなスケッチ用のノートを持って、久し振りの雨の中、蕎麦屋に出かけるが、せいろが目の前に出て来るまでに4枚描いた。少しでも歩いたり動いたりすると巡る。星のアトリエに戻り明日締切のロ […]

PICTURE DIARY 0402SA2017

土曜日が好き、明日は日曜日だから。週のうち一番ゆっくりとした気持ちになる。しかし、1月下旬から外に出る機会が多く、作品制作の予定が大幅に遅れている。どのように取り戻すのかお手並み拝見。土曜、日曜は星のアトリエにおこもりだ […]

PICTURE DIARY 0302FR2017

節分。豆まきをする。鬼は外福は内。子供の時から毎年必ずして来たことのうちのひとつ。鬼の面は作りこそしなかったが、イメージの鬼面を虚空に描き、豆まきしながら自分の中から小鬼を追い出す。なぜだか矢印の形の尻尾が生えたやつ。泣 […]

PICTURE DIARY 0202TH2017

人同士は会って話すに越したことはない。一昨日、仕事の進め方について、電話で話し腑に落ちない印象があったので、思い切って訪ね話してみると、電話口ではオープンに話せない事情があったということを知る。お互いに奇妙な誤解や悔恨を […]

PICTURE DIARY 0102WE2017

渡りに船というのは必ずしも良いこととは限らない。ただの御都合主義に陥ることも多々あるので注意。

PICTURE DIARY 3101TU2017

午後、体を整え仕事をする。絵のためのスケッチ、2〜3日寝かせておくと、どうすればより良いか、見えなかった部分が見えて来る。そんな箇所が無くなるまでにどれ程の時間が必要だろうか。気合もろともそんなことは構わない、という気迫 […]

PICTURE DIARY 3001MO2017

Power Of Beauty新年会。星のアトリエにて、夕方から日本酒と寿司で。とは言え僕はほとんど呑めないので酒は皆に任す。一口いただいた「阿佐緒」は本当に美味い。寿司は魚屋から。美味いものを食べて呑んで笑顔と笑い声と […]

PICTURE DIARY 2901SU2017

サン・サーンスのピアノ曲をサン・サーンスのピアノで。ドビュッシーのピアノ曲をドビュッシーのピアノで。荒々しい美。お鈴の儀、天上から降る鈴の音、根源の音に洗われる。清清する。

PICTURE DIARY 2801SA2017

年若い同朋のブランドのために商標をデザインする。絵の中に文字が組み込まれ、一体化したアプローチは得意とするところ。祈る女性の絵をベースにデザインするのだが、合わせた手の位置で意味が大きく変わる。顔の前、顎のした、喉元、胸 […]

PICTURE DIARY 2701FR2017

溝口肇、鈴木大介コンサート、五反田、G CALL SALON。二人の共演は初めてだという。チェロとギターの軽妙であり深遠な音像。会場でピアニスト、谷川公子さんと久し振りの邂逅。ご主人でギタリストの渡辺香津美さんとのユニッ […]