‘PICTURE DIARY’

PICTURE DIARY 2406WE2015

日常を織り成す何気ない出来事。宇宙や神々から色々な方法と方向で啓示を受ける。素直に応え素直に進む。

PICTURE DIARY 2306TU2015

30年来の旧交を暖める。デビューアルバムからのお付き合いのグループが、30周年記念のベスト盤を出す。まず初期の何枚かの作品から選曲して。DVDになっていなかった同時期のミュージックビデオもカップリングしてパッケージする。 […]

PICTURE DIARY 2206MO2015

夏至。昼が一番長く、夜が一番短い。世界の各地で夏至を祝う祭がある。豊穣を願うものが多い。古来、太陽や月や星の運行を眺めて生活して来た祖先には、年のうち太陽の一番の盛りになる今日は、ことさら特別な日であるだろう。何気なく過 […]

PICTURE DIARY 2106SU2015

行きたくても行くことの出来ない催しは多い。するべき務めのある仕事を優先するのでやむを得ない。その場の空気や状態を想像して気持ちを送る。気持ちをかたちや証しで示せることばかりではないので、成功や盛況をただただ祈り願う。その […]

PICTURE DIARY 2006SA2015

日本の伝統工芸への取り組み方について思う。先の大戦後のこの国の文化について思う。自分が学校で受けた教育というものについて思う。

PICTURE DIARY 1906FR2015

なぜ日本に生まれてどんな役割があるのかなとたまに考える。訳が知りたいとか思い出したいとかではなくて、充分に人の役に立っているかどうか判らなくなることがあるからだ。夢中になると見えなくなる聞こえなくなる。人の役に立とうとい […]

PICTURE DIARY 1806TH2015

夜、groovisionsの展覧会オープニングレセプションへ。終了間際に滑り込み。展覧会の会場まで、久し振りに表参道を歩くが、昼と違って夜の方が落ち着きがあり、僕の良く知っている原宿表参道の印象が現れ嬉しくなる。昔からあ […]

PICTURE DIARY 1706WE2015

夏、軽井沢の田崎美術館の一角で、小さな展覧会を開こうと思う。風や光や緑を感じる場所で、ささやかな。浅間山が狼煙のような噴煙をたなびかせて招いている。数年前に同じ美術館で展覧会をした時には、浅間山を愛し、多くの名画を描いた […]

PICTURE DIARY 1606TU2015

裸足の脚で砂を踏みしめて歩く。

PICTURE DIARY 1506MO2012

馴染みの蕎麦屋へ行く。大分ご無沙汰していた。蕎麦の禁断症状が出るところ。ここのところの仕事のペースとタイミングが馴染みの蕎麦屋、うどん屋に行くを許さず。うどん屋の昼は、蕎麦屋より早いので道は遠い。うどんの禁断症状も出ると […]