‘PICTURE DIARY’

PICTURE DIARY 1109SU2016

Fad Fair最終日搬出。色々なギャラリーが推薦する才能豊かな出展者に大いに刺激を受ける。会場でもスケッチ、蕎麦屋でもスケッチ。空が高く、鱗雲が見える。空のスケッチ。誰でもない自分がいる。

PICTURE DIARY 0909FR2016

一日休み、スケッチや読書などに充てる。

PICTURE DIARY 0909FR2016

昨日の午前中から鼻風邪で怠い。この状態は、夏から秋への季節の変わり目の特徴で、本格的な身体の水分バランスや、システムの変更に伴うもの。夏の間は汗として排出していたものを腎臓経由ではまかなえ切れず鼻水になる。無理に何とかし […]

PICTURE DIARY 0809TH2016

車を走らせる。雨や風や嵐よりも速く、止まっているように素早く動く。

PICTURE DIARY 0709WE2016

Artcomplex Center、展覧会Fad Fairへの搬入。ぎりぎりまで描く。積み荷の一番上に載せて出る。

PICTURE DIARY 0609TU2016

今日も暑い一日だった。暑い間は無理をしたくない。夜になり、タイル張りの通路にミミズが出て来てくねくね踊るので、葉っぱを千切り上に乗せて、土のあるところへ移動する。ミミズも湿気た夜になり元気のあるところを見せたいのか、ダン […]

PICTURE DIARY 0509MO2016

日常の何気ないこと。当たり前に過ぎて、気にも止めない様な些細なこと。その様なことの連続である毎日の時間は、ふと気が付いてどこから切り取っても、とてもいとおしい表情を持つ。小さなことや大きなこと、考えること考えないこと、全 […]

PICTURE DIARY 0409SU2016

用のついでにふらりと覗いた書店で、お礼にいただいて長らく財布に入っていた図書カードを使い、目に付いた雑誌和楽と仏像を解説した本、そして、ここのところ大変ご無沙汰して、どうなさっているか気にしていた旧知の先生の新刊が積まれ […]

PICTURE DIARY 0309SA2016

別の作品のために切り出して不要になった合板や木片を組み合わせたレリーフ状のオブジェ彫刻作品を作る。彫刻とも言い難く、アッサンブラージュとも言い難い、抽象的な立体。アブジェかな。極力考えない。

PICTURE DIARY 0209FR2016

誘い出されるように夕方散歩に出ると夕映えの橙色に染まった入道雲が重なり青い空を背景に立体的で美しい入道が俺を見ろとばかりに誘い出したに違いない