‘PICTURE DIARY’

PICTURE DIARY 2611MO2018

何にせよぎりぎりになると文字通り窮屈になる。余裕を持って計画を立ててはみるが、進んで行くと切羽詰まる理由には事欠かない。馬鹿力を出して窮地を脱する自信はあるが、無理をすると喜びは少ない。少ない喜びを分かち合えれば良いが、 […]

PICTURE DIARY 2511SU2018

夕方から酉の市へ。多くの人が穏やかに集う賑わいが心地好い。家内の安全、商売の繁盛を願う。

PICTURE DIARY 2411SA2018

三宅 純コンサート、ブルーノート東京。ホールコンサートとは違い、ゆっくりと爆発するような印象。トランペットを吹く姿と、音の艶やかさはある次元と領域にある。言葉を交わす間は無かったが、目礼する。ヘイデンブックスでお茶。久し […]

PICTURE DIARY 2311FR2018

創庫の傍らに根元に小さな鉢を付けたまま倒れたコニファーがある。先の台風で根元から折れて倒れ、もう駄目かと打ち捨てられていた。先日、創庫の建つ土地の草刈をしてもらい、てっきりコニファーも草と一緒に持って行かれたはずが、草を […]

PICTURE DIARY 2211TH2018

暦の上ではとうに冬ではあるが、徐々に冬の寒さになってきた。帽子箱の中に、かなり以前からグレイとブラックのボルサリーノがひとつずつあるのを思い出し、頭に載せてみる。この冬はこれかな。髪も少し白くなりこの季節に合う。

PICTURE DIARY 2111WE2018

幾つかの打ち合わせ、終日出張。それぞれ充実順調。帰りに高速道路への道を間違えた他は。

PICTURE DIARY 2011TU2018

平間写真館でフォトセッション。来年1月、平間氏の写真展に出展する写真のための被写体となる。撮られる側となり初めて解ることがある。何よりもその心地好さ、音楽性豊かなリズム感、スピード感、一方的ではないメロディアスな心遣い。 […]

PICTURE DIARY 1911MO2018

七転び八起きとか三歩進んで二歩さがるとか、日記を書こうとしたら頭に浮かぶ。そういう意地っ張りな根性には少し距離を置きたいものだが頭に浮かぶ。常々苦労とか努力とか、言葉や態度に表さずとも、自然に日常の楽しみの中にあれば良い […]

PICTURE DIARY 1811SU2018

プランニングのいちにち。アイデアが出て来るときは、本当に素直。すぐに出ないときは、次へ。ネコたちの爪が伸びてカチカチとスパイクのような音を立てて歩いている。爪切りがあるべき所に見当たらず、アリスに聞くが知らないと言う。ア […]

PICTURE DIARY 1711SA2018

夕方外出。渋谷駅周辺を見下ろす食堂で夕食。窓外を見ながら、建物の間から窮屈そうに天上に広がる夕空と数本の街路樹、歩道を行く大勢の人の身体を除いて、後は全て人工のモノ。街は自然を被う鎧。こんなに沢山のモノを作る人間。この景 […]