NEWS-ミック・イタヤとすずも提灯展

茨城県水戸市に生まれたアーティスト、ミック・イタヤと、水戸水府提灯の老舗、鈴木茂兵衛商店が、水戸で初めて提灯の展覧会を開催します。水戸黄門祭り期間中の展覧会ですので、お祭り気分と、祭りに欠かせない提灯の魅力を十分にご堪能ください。

ex_suzumomic_mito_a4_frontw550

ex_suzumomic_mito_a4_backw550

ミック・イタヤとすずも提灯展
2017年8月1日 火曜日〜8月6日日曜日
文化デザイナー学院1階ギャラリー
OPEN 11:00-18:00/5日 土曜日、6日 日曜日は20:00まで
入場無料

水戸出身のアーティスト、ミック・イタヤと、水戸、水府提灯の老舗鈴木茂兵衛商店が水戸で初めて提灯の展覧会を開催いたします。
昔から私たちの生活の中に馴染み親しんできた和のあかり、提灯。東京を拠点に活躍するミック・イタヤと、鈴木茂兵衛商店当主、鈴木隆太郎、幼馴染みの二人が35年振りに再会し、古来の伝統工芸である水府提灯の未来を生み出しました。自然の景色と、幼い頃に遊んだ記憶の中の風景がデザインとなり、提灯の「新しい形」としてグッドデザイン賞を受賞。インテリアとして、オブジェとして、あたたかさ優しさの光で心をうるおす、現代の生活を彩るあかりです。日本、フランス、イギリス、イタリア、アメリカ、ベルギーなど、各国のデザイナーやバイヤー、そしてアートの世界の注目を集めているすずも提灯。ミック・イタヤの提灯デザインの軌跡、スケッチやアートワークを展覧、合わせて提灯の展示販売をいたします。期間中、オリジナルのアクセサリー提灯を作るワークショップも行います。

event_1b_mimm
★ミニミニ提灯ワークショップ
小さい提灯に柄を入れたりチャームを付けて
オリジナル提灯を作ることが出来ます。
かんざしやキーホルダー、ストラップになります。

● 日時:8/4(金)、5(土) 、6(日)
● 所要時間:30分〜60分
● 参加費:¥2,000

● 閉廊時間の30分前まで随時受け付けいたします。
● 混雑している場合はお待ちいただくことがございます。
● 数に限りがございますので、なくなり次第終了させていただきます。
 

★すずも提灯写真コンテスト
会場写真、すずも提灯を実際に使用しているシーン、ミニミニ提灯を身につけた様子など
「すずも提灯」に関連した写真を撮影、投稿してください。
大賞「とりS」 ミック・イタヤ賞「???」 すずも賞「スターオーナメント」
suzumo_chochinをシェアしてドシドシ応募しよう!

● 日時:8/1(火)ー10(木)
●ハッシュタグ(#すずも提灯)と「提灯」に関するハッシュタグ(#祭り/#JAPAN など)を入れて投稿

● 8/12(土) 鈴木茂兵衛商店インスタグラム(suzumo_chochin)とFacebookで受賞者を発表します。
● 受賞者の方にはインスタグラムアカウント(suzumo_chochin)よりダイレクトメッセージをお送りします。
 

★ミック・イタヤ在廊日
8/4(金)、5(土) 、6(日)いずれも13:00-18:00の間ミック・イタヤが文化デザイナー学院1階ギャラリーにいます。

micw120
ミック・イタヤ ビジュアルアーティスト/MIC*ITAYA VISUAL ARTIST
水戸市出身。多摩美術大学卒業。流麗な線で神話の世界を表現。ユニクロ創立時のロゴ、東京スカイツリーソラマチの壁画、照明器具すずも提灯はグッドデザイン賞を受賞。ブランドBEAMS LIGHTS with MIC*ITAYAを展開中。デザイン出版したカセットマガジンTRAは、MOMAニューヨーク近代美術館に永久保存されている。 www.micitaya.com

suzumow120
鈴木茂兵衛商店/SUZUKI MOHEI SHOTEN
慶応元年、西暦1865年茨城県水戸市に創業した水府提灯の老舗。現当主は七代目にあたる鈴木隆太郎。日本伝統の提灯を、新たな視点から照明器具として現代に甦らせ、古くから伝わる技術と共に、未来を照らすあかりとして世界に向け届けようと、意欲的な取り組みを続けている。www.suzumo.com

 

mapw350

文化デザイナー学院 〒310-0026 茨城県水戸市泉町1丁目3-22
●電車・バスでお越しの場合はJR水戸駅下車、北口のバスターミナルから大工町方面のバスで泉町1丁目/京成百貨店前下車徒歩1分です。
●専用駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

INFORMATION
鈴木茂兵衛商店 〒310-0055 茨城県水戸市袴塚1-7-5
TEL 029-221-3966 FAX029-231-7862
MAIL info@suzumo.com

Leave a Reply

*