PICTURE DIARY 0209WE2020

pd20200209s

WORKSHOP MU!! 高校生の頃から憧れのデザインスタジオ。真鍋立彦さん、奥村靫正さん、中山泰さん、野上真宏さん、アシスタントに立花ハジメさんが居た。WORKSHOP MU!! は狭山のハウスに移り、僕は多摩美に入るとその夏から福生のハウスに住み、憧れと現実の間戸惑いながら走り始める。基地の街とルート16。

PICTURE DIARY 0109TU2020

pd20200901s

今年もツール・ド・フランスがスタートした。わくわくする。色々な理由で自転車に乗らない夏だった。整備して、涼しくなったら乗ろう。

PICTURE DIARY 3108MO2020

pd20200831s

星のアトリエにアシダカグモが現れて驚いた。CD盤程の大きさで、しかも速い。しかし実はいいやつだ。驚いてすまん、という氣になる。パトロール中。

CURONECOMIC 167

cronecomic167s

PICTURE DIARY 3008SU2020

pd20200830s

小玉スイカ売り切れ。そろそろ夏の終わりなのだろう。季節の変わり目を告げるような慣わしや食物が好きだ。おおらかに笑ったような切口。

PICTURE DIARY 2908SA2020

pd20200829s

残暑、あまりに暑い。もしも来年、東京でオリンピックを開催するのなら、競技者も観客も並外れた準備が要るだろう。開催の場所や時期は、選手たちによって選べればよい。

PICTURE DIARY 2808FR2020

pd20200828s

先日飲んだラプサン・スーチョンがとても美味しかった。その味と香りの余韻が今も消えない。好きな茶。癖の強さが魅力的な永い友のよう。

PICTURE DIARY 2708TH2020

pd20200827s

Smell BarでのDJイベント、MUMICを中断して久しい。せめて絵だけでも描きたいと思い、主のゴエモンと相談し、愛と平和と自由の絵を描くことにする。

PICTURE DIARY 2608WE2020

pd20200826s

三井記念美術館へ。藤原定家、紀貫之の書跡、円山応挙の絵画等を見に行く。応挙の「雪松図屏風」は老若の対比、画技も含め畏れ入る。若い時分の作、「破墨山水図」にも注目した。貫之の書跡の美も応挙の墨跡の美も凄いが、定家の「熊野御幸記」には特に心動いた。若き後鳥羽院の熊野御幸に随行した折の直筆日記。ひととなりが表れ作為が無く素直しかない。道中用意の紙が足りなくなり、巻紙の裏にも書いている。見る価値、感じる価値があまりに大きい。

まどわしき
わざもたくみも
すてさりて
こころのままに
えがくうつせみ

みっく

PICTURE DIARY 2508TU2020

pd20200825s

夕暮れて夜になると虫の音が届く。ささやかで美しい音色に、儚さとともに健氣に生きる力強さを感じる。ふと、虫から人の生活を見ると、どう映るのかなと思う。