PICTURE DIARY 1911TU2019

pd20191119s

いばらきデザインセレクション2019表彰式。審査委員として選定品にコメントを述べる。若い人の素直で実直な商品とデザインのアプローチに好感。

PICTURE DIARY 1811MO2019

pd20191118s

スロースタート。

PICTURE DIARY 1711SU2019

pd20191117s

力をたくわえる。

PICTURE DIARY 1611SA2019

pd20191116s

ゆっくり休む。よく眠る。

CURONECOMIC 126

cronecomic126s

PICTURE DIARY 1511FR2019

pd20191115s

無心。

PICTURE DIARY 1411TH2019

pd20191114s

表現する人として、基盤となる部分の脆弱が目に付く。進めて行くと置き忘れたものがあるのに氣付き、置き忘れたものを手当てしていると進まない氣がする。氣がするだけで、その大切は変わらない。努めて一つ一つ丁寧に、緩急自在におおらかに相応しく対処する。目的目標があればこそ。

PICTURE DIARY 1311WE2019

pd20191113s

体力や氣力が充分ではないとき、必要な物事と不要な物事が端的に分かる。あるいは虚と実をすぐに感じる。元氣で威勢が良いときには氣に止めない。

PICTURE DIARY 1211TU2019

pd20191112s

当の本人にしか分からないことがある。当の本人にだけ分からないことがある。

PICTURE DIARY 1111MO2019

pd20191111s
11月11日ベースの日。4本の弦に因むという。三宿でのミーティング後、平間写真館を訪ねるとベースギターのイベント、平間写真館ベース部の準備中。Ludwigの小振りなドラムセットにひかれのせられ、イベントのゲストで居合わせたTatsuさんと、そして平間さんも加わってベース2台とドラムのセッションが始まる。久し振りの演奏は楽しかった。敬愛するベーシストTatsuさんと、演奏する光栄、平間さんの徳の成すところ。