PICTURE DIARY 1305WE2020

pd20200513s

バルバラを聴きながら、マヌーとコクリコ夫妻との日々を想う。福生時代はふたりのハウスで、アレスキーやムスタキを聴きながら、果てしの無い夜を過ごしたものだ。音楽が奏でるものは、心の奥底にある言葉では表せない空氣と時間の流れの記憶。今夜はそれを紐解いている。

Leave a Reply

*