PICTURE DIARY 1110MO2021

pd20211011s

エディット・ピアフとジャン・コクトーの命日。3人が亡くなったのは昨日の波山と同じ1963年のことだった。まさにその日、9歳の僕は扁桃炎で高熱を出し、学校を休み、布団を敷いたテレビのある居間で、連日放映されたコクトー追悼の映画特集を何も知らずに視た。熱にうなされて夢と現実の境界を往き来した。


Leave a Reply

*