PICTURE DIARY 0205TU2017

pd20170502s
Bunkamuraザ・ミュージアムでニューヨークの写真家ソール・ライター展を見る。日本の美術に影響を受けた構図、トリミングが大胆。常に覗き見るような、あるいは、被写体やモチーフを窓ガラスに反射させ、オーバーラップした作風。画家になりたくて、生活のために写真を撮り始めたということだが、なるほど絵も展示している。絵も面白いが、写真に絵心を生かす道は正しかった。

Leave a Reply

*