PICTURE DIARY 0403SU2018

pd20180304s
銀座のショウルームギャラリーへ紙漉き菊池正氣氏と紙造形小山欽也氏の共作展を見に行く。西ノ内和紙と現代美術の交わり。和紙の部屋や衣類、多くの可能性を見る。ゆっくりとお話を伺う機会があればと思いながら、終廊間際の忙しい会場を慌ただしく辞す。1羽の美しい鳩が星のアトリエの小さな庭で遊んでいる。

Leave a Reply

*