PICTURE DIARY 0512SU2021

pd20211206s

溜まっている仕事を片付ける。鉛筆の先から線の出るに任せ午後を過ごす。楽あれば苦あり、夢中になり過ぎて緑の木々に眼を休める。画集を編むのなら、何と名付けるかなど、風に揺れる木の葉に想う。


Leave a Reply

*