PICTURE DIARY 0710SU2018

pd20181007s
ネコたちも基本デレーッと長くなっている。背中を撫でると背骨の両側辺りが硬くなっている。気候に対応しにくいのだろう、ゆっくりと揉む。すっかりリラックスした様子なので爪を切ろうとするが、今日はその日ではないらしい。これからヴィム・ベンダースのベルリン天使の詩、2連作を視ようと思う。日常の中の小さな、あるいは大きな、見捨てられない出来事を理解し、導く。

Leave a Reply

*