PICTURE DIARY 0702FR2020

pd20200207s

最近楽しいことのひとつ。信頼を置く人の話を聞くこと。それはあたかも新しい物語。世間一般では随筆とか評論とか批評ということに近いかも知れないが、あくまでも生きた会話が主体のことであるから、インタビューということかも知れない。題材は小説や映画、展覧会、舞台、音楽会など多岐に渡るが、見た人の知識や感想、状況を中心に聞く。僕は大いに興味はあるが、決して見に行くことはない。その人物を通してのリアルとイメージするしかない自由が全て。絵的だ。

Leave a Reply

*