PICTURE DIARY 0707SU2019

pd20190707s

七夕。陰暦ならば8月になり、この地では梅雨の明けた夏の夜空に織姫と彦星の逢瀬を見る機会が多いだろう。アジアの各地に七夕の伝説はあり、隣の国では、その夜雨ならば逢うことの出来た嬉し涙と言われる。この国のみならずアジアの各地で、古より恋人たちの日としての行事が行われている。2日続けての雨ならば別れを惜しむ雨と言われる。

Leave a Reply

*