PICTURE DIARY 0805TH2014

PD20140508s
以前住んだ家の大家さんに会いに行く。近況など話す。時と共に辺りの環境も少しずつ変化して、大きなお屋敷も小分けされたり、集合住宅に変わったりしていると聞く。確かに悠々とした空気はお世話になった頃と趣を異にしているが、住んだ家や庭は変わらずに静かに佇んでいて安らいだ。自然界から人が借りてお邪魔する土地での営み、敬意と親しみを持って過ごすべしと感じ、頭を下げる。

Leave a Reply

*