PICTURE DIARY 0905FR2019

pd20190509s

久し振りに訪れた美術館では来年の展覧会企画が進みつつある。伝統工芸士、京友禅作家の石山 修氏が監修し参加する展覧会を見る。良いものは良いし、面白いものは面白いという以外にない。原初的な視点と作風が永遠を携える。てらいの無い力がある。

Leave a Reply

*