PICTURE DIARY 1204TU2022

pd20220412w400

安齋、伊島、氣の置けない二人の旧友。何を言うにも、するにしても、何ら昔と変わらない。積み重ねたものは三者三様だが、中心が定まりぶれない独楽は言葉少ない。


Leave a Reply

*