PICTURE DIARY 1212SA2015

PD20151212s
自分の絵の仕事を大まかに分類する。夕方になり、作品を複写するためのカメラを見に行く。今のカメラは動くものをシャープに捕らえようというのが主流なので、全く動かないものをじっくりと撮るカメラの適性となるとかえって考えてしまう。もう少し知識と研究と絞り込みが必要。作品をデータ化して保存するにしても、どのような状態が最良か悩ましい。

Leave a Reply

*