PICTURE DIARY 1302TH2020

pd20200213s

アトリエの手水に水を飲みに来る鳥と猫だが、その光景はいつ見ても微笑ましい。鳥は猫が居ないのを念入りにたしかめて水を飲むが、おもむろに手水に飛び込み、派手な水飛沫を上げて、たいそう気持ち良さそうに水浴びする。羽根を整え、くちばしの左右の側面を手水の縁に磨くように擦り付ける。手水の水は毎日替えるようにする。汚れていると鳥も猫も来ない。

Leave a Reply

*