PICTURE DIARY 1303SA2021

pd20210313s

ぼんやりと、風の匂いを嗅ぐ犬のように過ごす。春の訪れにも情緒無く、何とか趣を見付け出そうと、氣持ちは草土の上に腹這い昼寝する。

Leave a Reply

*