PICTURE DIARY 1312SU2015

PD20151213s
ニキ・ド・サンファルを見に行く。初期の射撃の作品とニキの嬉々とした表情が印象的。一転してナナに託す女たちの時代の生理的衝動の素直な発露。日本の後援者YOKOとの出会いと作風の変化。精神世界の神と宗教に囚われない姿勢。晩年の大仕事、タロットガーデンに集約する表現の集成。実行する情熱と、やはり素直が一番だと感じる。影響を取り入れ消化する姿勢も見事。

Leave a Reply

*