PICTURE DIARY 1405TH2020

pd20200514s

この数日、見る夢の質に量感がある。さらりと軽妙な展開も感覚も影を潜め、精緻なリアリズムで構築される。キャスティングは理解出来るとして、それにしても出て来る異様なセットや不思議な小道具類は、製作したり仕入れた記憶は無いのだが。季節の移り変わる夢の中スタジオにて。

Leave a Reply

*