PICTURE DIARY 1604SU2017

pd20170416s
COSMYTH PROLOGUE展覧会最終日。展覧会を見に来てくれた人々と、分かち合うひとときが明るく笑っている。ギャラリーには常にゆったりとした悠久の時が流れていた。また来年も今頃、同じ場所で展覧会を開く。その時までこの場所とは暫しの別れ。

Leave a Reply

*